深海の台風

FC2から移転しました。

自己紹介 & 本ブログ閲覧に関しての注意事項

f:id:newshellfishtyphoon:20180121140741j:plain



こんにちは。

Chenと申します。

趣味はカードゲーム(デュエル・マスターズ)、ラーメン食べ歩き、飲み歩き、旅行です。


デュエルマスターズは基本的に収集をメインに行っており、

プロモーションカード
(第1期~第13期までの通し番号無し、第14期のGP&CSプロモ以外の全プロモ収集済み。第15期以降は収集休止)

殿堂入り・プレミアム殿堂入りカード
(ファイリング継続中)

英語版プロモーション・カード
(現在80種収集)

エラーカード
(ホイルミス系エラー)

日焼け・色褪せしたホイルカード
(カードショップのショーケースに飾られ、経年劣化及び紫外線によって脱色したカード)

を収集しております。



このブログでは主に「DMEDH(デュエルマスターズ非公認多人数戦)」について書いていきます。

ブログ更新の頻度は高くないですが、読んで頂ければ幸いです。

宜しく御願いします。

【注意】

本ブログに掲載されているデッキレシピですが、掲載日当時の「DMEDH制限レギュレーション」を基にデッキを構築しております。
ですので、デッキレシピの中には現在の制限レギュレーションでは使用出来ないカードも記載されている可能性もございます。
本ブログのデッキレシピを参考にされる場合は今一度こちらのページをご確認頂きますよう、宜しく御願いします。




本ブログでは、スクリーンショットによるブログ記事の引用、SNS等へのアップロードを歓迎しております。
周りの方へのご迷惑にならないよう、ご利用下さい。
引用される際にはブログ記事のリンクも貼って頂ければ幸いです。



雑多な内容が多いブログではございますが、これからも宜しくお願いします。

【DMEDH】2018年4月8日の制限改訂で気になるカード達


f:id:newshellfishtyphoon:20180417074859j:plain


※初めてこのサイトを閲覧される方へ

「DMEDH(デュエマ多人数戦)」についてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record



こんにちは。

私事ですが、今週末21日(土)のDMGP6thへ遊びに行きます。あと池袋オフ会。
GP会場では日焼けカードファイルをおっ広げながらDMEDHしてると思います。対戦よろしくお願いします。

今回のGPイベント、一番の狙いはサイン会。増田幹生先生とお話がしたいです。



という事で、今月8日の制限改訂のカードについて話したいと思います。


制限強化

・使用禁止
《ビシャモンス・デーケン/「深淵より来たれ、魂よ」》
《キングダム・オウ禍武斗》
《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》

・統率者2色以上で使用禁止→使用禁止
《ラトリエ・ロブション》

・無制限→統率者2色以上で使用禁止
《爆連撃 マッケンナ》

・統率者4色以上で使用禁止→3色以上で使用禁止
《五連の精霊オファニス》

・無制限→統率者4色以上で使用禁止
《追憶人形ラピリピト》

制限緩和

・使用禁止→統率者2色以上で使用禁止
《グスタフ・アルブサール》

・統率者4色以上で使用禁止→無制限
《護鏡の面 ミラレス》


案の定轟破天九十九語とキングダム・オウ禍武斗が出禁になりましたね。
前者は大量踏み倒しとランデス、後者はソニックブームやアイアンマンハッタンをも凌ぐブレイクで盤面とゲームスピードがめちゃくちゃになる可能性が高かったので当然かも知れません(実際に9枚ブレイク食らって死にました)

爆連撃マッケンナの制限もマッハファイターの存在が大きいですね。
因みに私は「超竜キング・ボルシャック統率」の赤単にカツムゲンアリーナ・カモーネと共にマッケンナを入れていますが、連続バトル&ブレイクが決まるとかなり気持ちいいです。

■グスタフ・アルブサール

f:id:newshellfishtyphoon:20180417183152j:plain

緩和の方ですが、出禁を食らっていたグスタフが単色制限で戻って来ました。
黒単愛好家には堪らない改訂ですね。
単純にリアニメイト枠にしても良し、黒単のキズナデッキを組んでも良しの強力カードです。

キズナ軸で言えばせめて2色統率で使えたなら…といった所でしょうか。

■護鏡の面 ミラレス

f:id:newshellfishtyphoon:20180417183411j:plain

相手ターンが3回訪れるルール上、DMEDHで「相手参照のカード」は通常環境よりもカードパワーが段違いに高くなるのは周知の事実。
ゲット・レディしかり
ベルヘルデガウルしかり
シューベルトしかり
オヴシディアDGしかり…
そんな中でも大量ブーストの要因として統率者4色以上で使用禁止だったミラレスが無制限になりました。ゼンアク統率やパーフェクトアース統率の3コスブースト枠に差してみると面白い位にブーストが狙える…?

同じサイクルのヒビキよりはヘイトを買いにくそうなカードですが、統率者によっては3秒くらいで盤面から消されそうですね。


■さいごに

悪魔神王バルカディアス悪魔龍王 デストロンリー
新聖綺神 クロスオーバー・ヨミ
暴君の悪魔龍 デストロキールを投入したコントロールデッキを半年前から組もう組もうと考えつつも組めてない状態です。何色にするか、統率は誰にするか…。


…「墓っ地ソース」って言いたいだけのデッキですけど、いつかは形にしたいところです。

深海のダイジェスト 2018年3月

f:id:newshellfishtyphoon:20180322080711j:plain


こんにちは。



■アニメの話
鋼の錬金術師 FA

■ゲームの話
モンスターハンター クロス
モンスターハンター ワールド
マリーのアトリエ
・STEINS;GATE

■ラーメンの話
・「麺と心7」 3月の月替わりメニュー
・「麺と心7」ホワイトデー限定メニュー

■飲みに行った話
・しもべ&鼓笛&無名人(2月16日)
・鼓笛&無名人(3月9日)
いちご煮(3月10日)
いちご煮&鼓笛(3月23日)
いちご煮(3月24日)

■アニメの話

鋼の錬金術師FA

f:id:newshellfishtyphoon:20180322081052j:plain

1期と1期劇場版は観ましたが、
無名人に「FAも観ろ!」と言われたので観始めました。
今は第5研究所が崩れた辺りです。
とりあえず2期シェスカが観られたので満足です。シェスカに養われたい。

おすてぃに「実写版も観ろ!」と言われたのでいつかそっちも観ます。


■ゲームの話

モンスターハンター クロス

f:id:newshellfishtyphoon:20180322081807j:plain

↑この前村テオ倒したら報酬に玉が3つ出てきて驚きました。欲しかった尖爪は全然出なかったけど。

相変わらずダブルクロスを買わずクロスを遊んでます。40だったHRはソロでコツコツ上げ、今は88まで上がりました。
マルチもマルチで野良で遊んだり、Mr.gikoさんやぱんだ君、いちご煮さんとオンラインで遊んでます。

武器も防具も何とかそれなりのものを装備出来るようになり、野良マルチでもキックされないようになってきました。よかった。
二つ名モンスター全然討伐してないのでそろそろ行きたい。


f:id:newshellfishtyphoon:20180326080646j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326080659j:plain


リアルハンターの闇は深い。



モンスターハンター ワールド

ワールド買いました。

近所の森走り回るだけで無限に時間が吸い取られます。めちゃ面白い。
操作の方も若干のクセはあるものの、採取が一瞬で終わったり一瞬でベースキャンプに戻れたり等と「携帯機シリーズにも導入して欲しい!」と思える位便利な機能が増えてます。

現在、ストーリーの方はアンジャナフが強過ぎて進められてません。



マリーのアトリエ

f:id:newshellfishtyphoon:20180322083625j:plain

いわゆる「〇〇のアトリエシリーズ」。
どれも遊んだ事はありませんでしたが、1作目であるマリーのアトリエスマホアプリに移植され、セール中だったので買いました。

「世界を救わないRPG」とは聞いていましたが、話の本筋はと言うと、
大学4年で単位ヤバい大学生が先生に「あともう5年やるから何か凄い事しなさい」と言われ、5年間自由に生きるという感じのシナリオです。
それもう留年生活楽しむ大学生じゃ…。

結局、
「病弱の友人を無償で働かせつつ、森から連れてきた妖精に低賃金で爆薬を製造させ、その爆薬を兵器及び資金源として活用する」という生活をしていたら、普通に卒業するエンディングになりました。
普通。

美少女の主人公というオブラートを包みながらも、現代労働社会の闇を描いたゲームって感じです。


f:id:newshellfishtyphoon:20180326174002j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180322124343j:plain

マリーに養われたい。


Nintendo Switchでもアトリエシリーズが出てるみたいですが、面白いなら是非とも遊んでみたいです。



・STEINS;GATE

f:id:newshellfishtyphoon:20180322124631j:plain

シュタゲ。
auのスマートパス会員なら無料でダウンロード出来る!
という事だったので始めました。

シュタゲは一度PSP版をプレイした事がありますが、どんな話か半分位忘れてます。
「記憶を消してもう一度遊びたい」と評判のシュタゲですが、見事に半分残ってる記憶が物語の核心。記憶消したい。

スマホ版は手軽にプレイ出来るのが利点ですが、恐ろしい勢いで容量を食うので最後までプレイ出来るか不安です。


■ラーメンの話

「麺と心7」3月限定の月替わりメニュー

f:id:newshellfishtyphoon:20180322132311j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180322125446j:plain

今月は「はまぐり」。
やはり貝だし系ラーメンは安定して美味しい…
サイドのはまぐりご飯も良かったです。



・「麺と心7」ホワイトデー限定


f:id:newshellfishtyphoon:20180326074934j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326074952j:plain


先月14日のバレンタインデーに続き、
今月14日には1日限定のホワイトデーメニューが登場しました。

中身は「煮干し白湯」!
煮干しの香りで、麺と心7お馴染みの魚介白湯のベースがまた違った仕上がりとなっていました。
同じく当日限定であった
「チャーシュー丼 卵黄醤油漬け乗せ」も絶品でした。


■飲み会の話

・しもべ&鼓笛&無名人(2月16日)


f:id:newshellfishtyphoon:20180326123242j:plain


肝どん(日本橋)→マクドナルド(なんば)

書くのが遅くなりましたが、鼓笛CS前日の日に関東DMPの「しもべ」が来る!という事だったので鼓笛&無名人と4人で飲んでました。
しもべは鼓笛と並ぶ私の最古参フォロワーですが、相変わらず女児アニメの話になるとキレキレなおたくでした。


・鼓笛&無名人(3月9日)


f:id:newshellfishtyphoon:20180326123343j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326123415j:plain


日本酒のとと右衛門(日本橋)→らーめん天道(日本橋)

ブラ会に参加。
飲み放題で羽目を外し、無名人が真っ赤になってました。


いちご煮(3月10日)


f:id:newshellfishtyphoon:20180326123918j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326124125j:plain


とよ(京橋)→満ぞく屋(京橋)

ブラ会の翌日、いちご煮さんに飲みに誘われたので京橋へ。
相変わらずとよは盛況で、寒空の下30分並びました。
名物のバーナーは大将が不在だったので別の店員さんが炙ってました。これはこれでレア。


いちご煮&鼓笛(3月23日)


f:id:newshellfishtyphoon:20180326124642j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326124700j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326124733j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326124750j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326124803j:plain


種よし(天王寺)→???(天王寺)→麺と心7(阿倍野)

いちご煮さんが4月から関東へ異動するので、
お別れ会を兼ねて天王寺で飲みました。

種よしでは巨大揚げ春巻き「ハルカス」に加え
イモリの干物を3人でポリポリ。
例の店で日本酒を堪能したらシメに麺と心7といういつも通りの流れ。


いちご煮(3月24日)


f:id:newshellfishtyphoon:20180326125639j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180326125704j:plain

サイゼリア(江坂)→ジャンカラ(江坂)→
サルベーコン(江坂)→Tully's(江坂)

お別れ会2日目。
2人で昼からサイゼ飲みし、カラオケで熱唱してモンハンして、夜はドイツ料理屋で燻製とアヒージョと焼きソーセージを堪能。最後はカフェーでモンハン。
中々濃厚な1日でした。
熱唱するいちご煮さんの迫力に驚きました。


いちご煮さんと一緒に飲みに行くのが本当に楽しかったので、お別れするのがつらいです。
私もいつか関東に行きます。

シュタゲの聖地巡礼で。


■さいごに

双極編第1弾発売日まで1週間切りましたね。
ブンブンバースト以降、どんなカードが紹介されたのか、そしてどんなカードがパックに封入されているのかが楽しみです。
とりあえず発売日にトッキュー8参加して、ワクワクしながらパック開けようと思いましたが、近所でトッキュー8を開催するカードショップが無くて残念…。

【デュエル・マスターズ】公式大会使用禁止ジャンボカードの話

f:id:newshellfishtyphoon:20180315074447j:plain


こんにちは。

今日は「ジャンボカード」について書いていきます。

ジャンボカード…コロコロコミックの付録でたまに付いてくる、あのデカいカードです。

ジャンボカードになるのは大体パックの目玉となるレアカードで、迫力のあるサイズに魅力を感じながらも、「これが本物サイズだったらなあ…」と思った方も多いのではないでしょうか。残念ながら公式大会では使用出来ません。

ジャンボカードがデュエル・マスターズ公式のルールで使用禁止となっているのは、ただ単純に「デカくて山札に入れられないから」という理由なのですが、山札に入れる必要が無い「超次元ゾーン」のカードに関しては、ごく一部を除き公式大会でも使用を認められています。
Rev黒箱が出る前はドラグナー搭載の初期型レッゾやサソリス使いの超次元ゾーンにデカいプロトギガハートが添えてあるなんて光景が普通でしたね。


私はプロモカード収集の傍らで
「公式大会使用禁止のA5サイズの紙製のジャンボカード」を収集しており、この度全収集する事が出来ました。

「何故サイズや材質まで指定?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
「A5サイズ」以外にも後述のジャンボなサイズのカード(?)が存在しており、
「紙製」以外にも去年?位に金属製のドギラゴールデンのジャンボカードが出てしまったので、
中身を限定しています。ドギラゴールデンに関しては全国大会優勝賞品とかそんなのだったはずなので…


という事で、ジャンボカードを載せていきます。
ジャンボカード関連ですが、ネット上に情報が殆ど残っていないものが多い為、入手方法を間違えている箇所もあるかも知れませんが、間違いがあればコメント欄で指摘して頂ければ幸いです。

■メタルウイング・ワイバーン

(別冊コロコロコミック 2002年10月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180315081417j:plain

記念すべき1枚目のジャンボカード…のはず。
これ以前にジャンボカードが登場しているという情報は何処にも無かったので、恐らくメタルウイング・ワイバーンが1枚目でしょう。
「ボルシャック・ドラゴン」でも「メテオ・ドラゴン」でも「ボルザード・ドラゴン」でもなくメタルウイング・ワイバーンというチョイス…けど、ありよりのありです。小学生の頃1軍デッキに入れてました。

入手するのに一番苦労したジャンボカードです。
wikiまとめサイトのコメント欄で存在を知ったものの、実物画像がネット上のどこにも見当たらない。
今から15年以上昔の、それもコロコロではなく「別冊コロコロ」の付録なので存在している方が不思議です。

Twitterで募集ツイートした所、奇跡的に持ち主と出会えたので本当にネットの力はすごい。

■ガルクライフ・ドラゴン

(コロコロコミック 2002年12月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316080444j:plain

DM-04 第4弾「闇騎士団の逆襲(チャレンジ・オブ・ブラックシャドウ)」の発売前のコロコロ付録。これと超竜バジュラのジャンボカードは結構有名ではないでしょうか。バロムやアルカディアスではなくガルクライフ・ドラゴンなのが意外です。

因みに当時のコロコロの先月号は
「超竜ザシャック」
来月号は
「邪獄ギリアム」「聖清の精霊アムニス」と、
あの「アクアン」が付録となっています。(あとプラ製の筆箱兼デッキケース)

■超竜バジュラ

(コロコロコミック 2003年12月号)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316082154j:plain

DM-08「闘魂編 第3弾 超神龍の復活(インビンシブル・レジェンド)」発売前のコロコロ付録。
遂に火文明以外にもドラゴンが誕生!という闘魂編の目玉エキスパンションの目玉カードがジャンボカードになりました。
通常版を拡大しただけでなく、所々に同エキスパンション収録のクリーチャーが。

因みにジャンボカードの裏面はと言うと…

f:id:newshellfishtyphoon:20180316083410j:plain

ロックマンエグゼ4 レッドサン&ブルームーン
アートボードになっています。

ロックマンエグゼ…当時は小学校で大流行りでした。放課後の校庭では大体誰かが通信ケーブル繋いでエグゼの対戦をしていました。
ゲームボーイアドバンスも通信ケーブルも今や死語ですが、現代社会はどんどんエグゼの世界に近づいている気がします。

■ボルメテウス・剣誠・ドラゴン

(別冊コロコロコミック 2008年12月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316122546j:plain

時代は一気に飛び戦国編。
構築済みデッキ
「BATTLE of YAMATO魂(バトル・オブ・ヤマトダマシイ)」
の発売に先駆け、デッキの主役の剣誠ドラゴンがジャンボカードになりました。
ルフレームイラストがジャンボカードになると、迫力も段違いですね。

一枚絵のスーパーデッキシリーズのイラストはどれもかっこいいので、また登場して欲しいです。

■ボルシャック・NEX

(別冊コロコロコミック 2009年8月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316123451j:plain

NEXシリーズの記念すべき第1枚。
RevFで革命チェンジデッキのキーパーツの1枚となり、注目されました。

ジャンボカード全般に言える事ですが、通常版よりもホイルの光り方が抑え目なので、イラストを細部まで見やすいのが魅力的です。

■超竜サンバースト・NEX

(DMC-53 「レジェンド・クロニクル 勝舞編」 付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316155004j:plain

内容固定パックの付録。
一部異なる部分はありますが、このパックの発売から約2ヶ月後に上映された
「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」
の入場特典では、同仕様のサンバーストNEXが配布されています。

■神帝スヴァ

(DMC-54 「レジェンド・クロニクル ライバル編」 付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316195002j:plain

サンバーストNEXと同様、内容固定パックの付録です。
こちらも、劇場版デュエマの前売り券購入特典のプロモとほぼ同仕様になります。

■超竜G・紫電・ドラゴン

f:id:newshellfishtyphoon:20180316195727j:plain

「スーパーデッキSAGAブック」という、
構築済みデッキ「スーパーデッキ・サーガ」シリーズの特集本の付録。

このスーパーデッキSAGAブックというのが、


f:id:newshellfishtyphoon:20180316200052j:plain

こんな本で、ジャンボカードの他にスーパーデッキシリーズの一枚絵ポスターも付録として付いてきたそうです。欲しい。

■大邪眼B・ロマノフ

(スーパーデッキSAGAブック 付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316200257j:plain

こちらも超竜Gと同じく特集本の付録。
ホイルが抑え目になった分、Bロマのカッコ良さが増しています。

■ボルシャック・クロス・NEX

(別冊コロコロコミック 2010年2月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316200700j:plain

初版が無かったので銀枠との比較。
ボルバル紫電と同じくシク版のイラストに驚かされた思い出のカード。

■時空の火焔ボルシャック・ドラゴン/勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス

(別冊コロコロコミック 2010年8月号付録)


f:id:newshellfishtyphoon:20180316201031j:plain

f:id:newshellfishtyphoon:20180316201048j:plain

ジャンボカード初のサイキッククリーチャー。
超次元ゾーンのカードではありますが、これも公式大会では使用出来ません。
流石にパックの目玉カードなので当然でしょう。

公式大会使用可能な超次元カードが登場するのは覚醒編から4年後…。

■ボルバルザーク・エクス

(別冊コロコロコミック 2011年12月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316202337j:plain

初の丸枠ジャンボカード。
落ち着いたホイル仕様の銀枠カードは貴重ですね。
エクスのジャンボカードと言えば、秋葉原のカード屋にこれのシャドーボックスが飾ってありました。DMGP5th会場でも展示されていた記憶があります。

■鬼カイザー「滅」

(別冊コロコロコミック 2012年6月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316204205j:plain


サイキック絶対許さないドラゴン。
これよりももっと殺意のあるサイキックメタが多く、影が薄いのが現実…。
イラストは好きです。

■黄金世代 鬼丸「爆」

(別冊コロコロコミック 2012年8月号付録)

f:id:newshellfishtyphoon:20180316210001j:plain

ビクトリーカードもジャンボカードに!
箔押しホイルもジャンボカードになると尚更ド派手に感じます。


■ジャンボカードよりジャンボなカード

紙製ではないのですが、神化編の時に
「デュエマ下敷き」
が発売されています。


f:id:newshellfishtyphoon:20180316205134j:plain

ジャンボカードより更にデカいです。
気になる方は一度「デュエマ 下敷き」でGoogleもしくはヤフオクで検索してみてはいかがでしょうか。
これも集めようかと思いましたが、今の所収集する予定はありません。

■さいごに

今では気軽にTwitterやpixivでカードイラストの原画を目にする事が出来ますが、カード自体の全体図を楽しめるのはジャンボカードならではの魅力でしょう。
パソコンやスマホで見るイラストも美しいですが、ジャンボカードはそれとはまた違った迫力があると思います。

新枠になり更に迫力を増したデュエマのカードも、そろそろジャンボカードにならないかな…。


おわり

【英語版デュエルマスターズ】「コピーカード」の話


f:id:newshellfishtyphoon:20180306122959j:plain


こんにちは。

今日は英語版(海外版)デュエル・マスターズの「コピーカード(Fake card)」について書こうと思います。


コピーカード…日本版のデュエマには恐らく存在しませんが、海外版のデュエマカードにはコピーカードが存在し、一般的に販売されています。

私も海外版カードを収集していますが、何度かコピーカードを購入してしまった事があります。数十枚購入した海外版カードが、全てコピーカード購入した時もあります。

正規品ではないコピーカードは、海外版カードをあまり知らない人が見ると一見区別がつかず、ヤフオクやメルカリに出品されている方々もコピーカードとは知らずに出している事が多いです。


コピーカードと正規品の違いですが、

テキストのフォントが違う
紙質が違う
裏面のロゴのデザインに違和感がある
印刷が大きくズレている
レアカード・プロモでないカードがホイル加工されている
↑のホイル加工が汚い(ラップを貼り付けたような光り方・手触り)
etc…

一目で分かる違いから、正規品と並べてみないと分かりにくい違いまで様々です。


海外ではコピーカードはメジャー(?)な存在らしく、この記事を執筆中に
このような記事を見つけました。
(コピーカードの判別方法及びコピーカードを購入しない為の心掛け等について記載されています。興味のある方はブラウザの翻訳機能を使って読んでみて下さい。)

余談ですが、販売が停止した今でも海外ではデュエマ人気は根強いらしく、こちらのWikiには日本版デュエマの情報が日本とほぼ同じ更新速度で翻訳・記載されています。海外のプレイヤーもカードや情報を有志で翻訳しつつ、私達と同じカードプールでデュエマを楽しんでいるみたいです。いつか対戦してみたいですね。


コピーカードの画像

長くなってしまいましたが、以前私がコピーカードを購入した際に撮影した画像を載せていきます。

・裏側

f:id:newshellfishtyphoon:20180302072518j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180302072548j:plain

正規品との比較です。(左:通常版)
DUEL MASTERS」のロゴの縁取りを見れば違いは明らかです。
全体的に絵柄も印刷がズレており、ほぼ全てのコピーカードが印刷ズレを起こしていました。


■表側

f:id:newshellfishtyphoon:20180302073244j:plain

《 鳴動するギガ・ホーン》の正規品との比較です。(左:通常版)
テキストフォントがそれとなく違う点に加え…

f:id:newshellfishtyphoon:20180302074334j:plain

よく見てみると種族名の
「HORNED BEAST」のつづりが「HORNED BERST」になっています。



f:id:newshellfishtyphoon:20180306074738j:plain

《解体屋ピーカプ》の通常版との比較。(左:通常版)
全体的に印刷が濃く、テキストのフォントも異なります。カード自体の手触りにも違和感を感じました。



f:id:newshellfishtyphoon:20180306075914j:plain

《魅力妖精チャミリア》デッキ収録のホイル版の正規品との比較。(右:通常版)

海外版プロモは所謂初期ホイル加工がなされているのですが、コピーカードに至ってはホイル加工の質が悪く、「カードにサランラップを貼り付けた」ような光り方をします。
表面だけ妙にテカテカと光っているので比較すれば一目瞭然ですが、画像だけだとイマイチ判りづらいです。



f:id:newshellfishtyphoon:20180306081441j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180306081507j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180306082058j:plain

《大昆虫ガイアマンティス》
《暗黒皇女メガリア》
《超竜ジャバハ》
コピーカード。カードの左下を見るとホイルの光り具合が違うのが判ります。
《ジャバハ》に至ってはカード名のフォントがあからさまに違います。



f:id:newshellfishtyphoon:20180306082222j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180306082247j:plain

《デコ・クラスター》のホイル版。
因みに正規の海外版デュエマにデコ・クラスターのホイルは存在しません。
本来ホイルでないカードがホイルカードとして存在する…それはある意味貴重かも知れません。
ホイル側面に線が入っているのが気になります。



f:id:newshellfishtyphoon:20180306191258j:plain

《ボルシャック・ドラゴン》ならぬ
ブロシャック・ドラゴン』。
いかにもな綴りミスで偽物感が半端無いです。
勿論正規品は「Bolshack Dragon」です。


■さいごに

昨年のDMEDHオフ会でコピーカードについてメルキスさんと話をしてから、「そろそろこの話題についてブログに書きたいな」と思い、今回記事にしました。
こういった情報もどんどん記事にして纏めておかないと、後々調べようと思った時に記憶が曖昧だったりデータを紛失してしまったりするので…コピーカードの画像も1年以上前に撮ったきりどのタイミングでネットに流すか悩んでいました。

と、言う事で、次回は「公式大会使用禁止ジャンボカード」について書こうと思います。
今後とも、宜しくお願いします。




f:id:newshellfishtyphoon:20180306210709j:plain

奈良県橿原市のリサイクルショップのショーケースに飾られている海外版カードですが、ホイル加工とフォントを見る限りこれも…。

深海のダイジェスト ~2018年2月


f:id:newshellfishtyphoon:20180225204351j:plain


こんにちは。

■アニメの話
鋼の錬金術師
BLACK LAGOON

■ゲームの話
モンハンクロス


■ラーメンの話
・「麺と心7」1月後半の月替わりメニュー
・「麺と心7」2月の月替わりメニュー
・「麺と心7」期間限定復活メニュー
・「麺と心7」バレンタイン限定メニュー
・無笛のコンビとラーメン屋巡り

■殿堂入りの話




■アニメの話

鋼の錬金術師

第1期全51話を観終え、劇場版「シャンバラを征く者」を観ました。

全体的に重く暗い内容でしたが、グイグイ引っ張られる面白さがありました。漫画版を読んだのが大分前だったのでほとんど覚えてないのですが、ヒューズさんのくだり以降からアニメオリジナルの話らしく、「こんなキャラいたっけ…?」「こんな展開だったっけ?」って調べてみたらアニメオリジナルキャラだったり。
因みに好きなキャラはシェスカとラストです。何だか極端だ。

OPはどれもアツくて好みですが、中でも一番好きなのは4クール目のOPです。主題歌がアジカンのリライトのやつです。曲も映像も好きです。サビの所のホムンクルスと闘うシーンが大好き。映画のOPも今までのハイライトって感じで好きです。

鋼の錬金術師FAも観ようか悩んでます。1話だけ観ましたが一部キャラの声優が変わってるのすごく違和感を感じましたが、こっちは漫画準拠の話らしいのでいつかは全話走破&劇場版も視聴しようと思います。



BLACK LAGOON

「名前しか知らないけど面白そうだし観てみるか」と、軽い気持ちで試聴開始しましたが…めちゃくちゃ面白かったです。
東南アジアの架空の街、ロアナプラを舞台にしたほのぼの日常系アニメですが、
時折入るアクションシーンが爽快で面白かったです。何よりバラライカが喋るシーンがどれも迫力があって好きです。
ヘンゼルとグレーテルの回、東京地下駐車場のロックとのやり取りが印象的でした。
ホテル・モスクワのような素敵で楽しい職場で仕事をしたいですね。

番外編も観ましたが、もはやこっちが本編…?
本編のシリアスさが全く無い、ブッ飛んだノリに笑い転げました。

OVAもあるみたいですが、アマゾンビデオでは配信していないのが残念です。

■ゲームの話

モンハンX
この前柏原のDMEDHメンバーに手伝って貰って上位オストガロアを討伐、ハンターランク解放しました。
最近は平日夜も土日もずっとモンハン。
この前初めてオンラインで野良しましたが、中々楽しかったです。ただ装備がレックスS+ナルガ太刀のひらがなネームなので集会場入った瞬間キックされる事が多々。
頑張って装備作ってます。

最近流行りのモンハンワールドもしてみたいです。予約するかしないかめっちゃ悩みましたが結局スルー。スイッチ版出ないかな。

■ラーメンの話

・「麺と心7」1月後半の月替わりメニュー


f:id:newshellfishtyphoon:20180130193311j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180130193214j:plain

ホタテまぜそばめっっっちゃ美味しかった…。
ただ、まぜそばにしては1月前半の帆立白湯よりパンチが弱かったような気がします。


・「麺と心7」2月の月替わりメニュー

f:id:newshellfishtyphoon:20180208193848j:plain

画像消えてしまったのでLINE広告の画像で。

歴代月替わりメニューでうにと並ぶ位美味しかったです…。辛味を抑えた明太子の塩味とプチプチ食感が堪りませんでした。

期間限定サイドメニューの明太子バターご飯も注文しましたが、思い切ってラーメンの残り汁にダイブさせてみたところ…

😇 😇 😇

ご飯が残り汁を吸い、とても悪魔的な食べ物になりました。


・「麺と心7」期間限定復活メニュー

f:id:newshellfishtyphoon:20180208194921j:plain



月替わりメニューの中でも大人気だった「うにつけ麺」が期間限定で復活中です。
「うに」と「もみ海苔」の組み合わせで口の中に磯の香りが広がります。個人的には追い飯がメインディッシュです。めちゃうまい。

「麺と心7」バレンタイン限定メニュー

f:id:newshellfishtyphoon:20180225200400j:plain

f:id:newshellfishtyphoon:20180225200907j:plain


2月14日のバレンタインデーに、限定30食の特別メニューが販売されていました。

その名も「ピンクの煮干し白湯ラーメン」。

ピンクの主張の割に煮干しがしっかり利いてて良かったです。ホワイトデーの日も限定メニューを出すらしく、両日のメニューを注文した方には限定グッズがプレゼントされるそう。ホワイトデーも絶対行きます。

皆さんも大阪に来られる機会があれば是非とも阿倍野の「麺と心7」までお越し下さい。


・無笛のコンビとラーメン屋巡り

2月3日に、無名人と鼓笛と3人で奈良のラーメン屋巡りをしました。

1軒目 と市(橿原)

f:id:newshellfishtyphoon:20180225201158j:plain

奈良県のラーメン屋の中でもトップクラスに行列が出来るラーメン屋。開店40分前凸をキメ、無事に限定のみそラーメンを食べる事が出来ました。


2軒目 やまひで(新大宮)

f:id:newshellfishtyphoon:20180225201435j:plain

無名人激推しの台湾まぜそば屋。
ニラ、肉味噌、卵黄、魚粉、刻み海苔etc……
全ての具材がベストマッチで食欲のブレーキが外れてしまいます。
麺を食べ終わった後の「追い飯」も最高に美味しく、ペロリと綺麗に平らげてしまえました。


3軒目 まりお流ラーメン(新大宮)


f:id:newshellfishtyphoon:20180225202012j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180225202026j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180225202044j:plain


f:id:newshellfishtyphoon:20180225202057j:plain


こってりラーメンの聖地。ラーメンのスープに「濃度」が設定されてあり、数値が高ければ高い程濃厚になります。ちなみに濃度0で、一般的なこってり系ラーメンと同じ位の濃度だそうな。

特筆すべきは、ラーメンだけではなくサブメニューも絶品であるという点。無名人と私は何度かラーメンを頼んだ事があるのでご飯物(鶏ユッケ丼・豚トロカレー)を注文したのですが、ユッケもカレーもとにかく美味しい!
特にユッケは鶏モモの皮目を炙り角切りにしたものをピリ辛ソースで和えており、ご飯との相性は抜群でした。

相性抜群の肝心のラーメンを撮り忘れてしまいましたが、鼓笛が「霧島」を注文していました。濃度15。私も食べた事がありますが、めんを持ち上げるとヌヌヌッとスープがついてくる位の濃度です。

後半は胃袋が限界でしたが、とても充実した一日でした。

■殿堂入りの話

今更な話ですが、大幅な規制が来ましたね。
今年の新弾も面白そうですし、どんな環境になるでしょうか。



■さいごに

ドルスザクの時と同じく、発売日までに新弾情報を極力避けたいのでツインパクト第1弾出るまでdmoooenアカウントには戻りません。リア垢に籠ります。多分。

【DMEDH】気付いたら、新弾。【DMRP-04魔】

※初めてこのサイトを閲覧される方へ

「DMEDH」とは「非公認のデュエマ多人数戦ルール」の事を指します。
DMEDHについてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record


f:id:newshellfishtyphoon:20180128111410j:plain



こんにちは。

デュエル・マスターズ 新4弾 誕ジョー!マスター・ドルスザク!!~無月の魔凰~」
が発売されましたね。
「4弾が2つ」と言えば3年前のガイネクストを思い出します。再録が多くて驚きましたが、この商法でほんとに売れてるのかな。


今回の弾で「DMEDHで活躍しそう…」と思ったカードをいくつか挙げていきたいと思います。

《ジョット・ガン・ジョラゴン joe》

f:id:newshellfishtyphoon:20180128111723j:plain

ついに出たジョーカーズのドラゴン。
joeまでが正式名称。赤10マナのジョリジョリと同じですね。

cip不確定全体除去&手札補給持ちのSA3打点12000無色ドラゴンジョーカーズが6体以上いれば1コストになるおまけ付きです。
気持ち良くなれる要素でいっぱいです。
DMEDHでは最近流行りの赤単統率ジョーカーズで《バグル・パズル》の大量展開からのジョラゴンで気持ち良くなれます。
しかも除去は「カード除去」。効果は不確定ながらも、クリーチャーと共に厄介なドラグハートやD2フィールドもまとめて焼ける点がポイント高いです。

登場早々DMEDH界の延命装置と化した《オヴ・シディア DG》と同じく、
普通に正規コストを払って出しても十分な効果である点、
無色なので単色から5cまで幅広く使える点など、
汎用性の高いカードです。

《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》

f:id:newshellfishtyphoon:20180128114011j:plain

AC持ちの裁きの紋章。相手全体にフリーズ効果を放ちます。

これも無色!DMEDHでのフリーズ効果はかなり強力なので、マスタードラゴンを採用しないデッキにおいても採用しやすいのが素敵です。
睨み合いが続く盤面に突破口を作ってくれます。

■《スペリオル・シルキード》

f:id:newshellfishtyphoon:20180128120123j:plain

おかいこさま。

cipで全体11500除去を放ち、場を離れると踏み倒し。そして封印耐性を持ちます。

プチョヘンザと同じく自分のクリーチャーも巻き込むので、相手を選ばずマナ送りが出来ます。プチョと比較すると、12000クラスは除去出来ませんが、11500以下は全体除去としては充分な範囲でありそれをcipで行える点が魅力的です。
自然単色で見ても、《パンプパンプ・パンツァー》よりも確実な範囲をとれる、豪快かつ貴重な全体除去カードである点が優秀です。

離れた時効果も豪快であり、相手としては下手に除去するとファッティが出てきたり、トリガーで除去してもメガドラゲナイやGメビウスのような後続を呼び出されるというプレッシャーを受ける事になります。
更に、自然文明には獰猛なる大地や母なる紋章等の能動的に場から離しつつ踏み倒すカードが豊富な為、残しておく事すら脅威となる可能性があります。
周りからのヘイト集中で総攻撃を食らうこと間違いない辺り、モアイグラスパーに次ぐDMEDHのグランセクト問題児となりそうです。

《狂鬼07号 ジャバランガ》

f:id:newshellfishtyphoon:20180128144831j:plain

置きヒラメキ。自分のクリーチャーが破壊された時に、それよりコストが1大きい闇クリをリアニメイトします。

こういうカードはラグ無く効果使いたいですね。黒単統率でメジャーなダースシスKやジョルジュ・バタイユで即時破壊して遊びたいです。
単純に守りとしてもザビバレルでブロック破壊→ホネンビーリアニ→ブロック破壊でシバカゲ斎リアニ…みたいな感じで小型をリアニメイトするだけでも面白そう。

■堕魔 ヴォガイガ

f:id:newshellfishtyphoon:20180128191824j:plain

魔導具。cipで墓地肥やし&サルベージを行うコスト軽減クリーチャーです。

墓地に落とす枚数も4枚と多めである点に加え、回収対象が闇の「カード」である点が大きいです。クリーチャー以外のサルベージが苦手な黒単で、呪文やD2フィールドまで回収出来ます。インフェルノ・ゲートを拾ったり、張り替えられたハリデルやハイウェイを拾ったりと汎用性が高く、魔導具を使用しないデッキであっても採用したくなるカードです。

ジョジョジョ・マキシマム

f:id:newshellfishtyphoon:20180128202018j:plain

ジョーカーズ呪文。クリーチャー1体のブレイク数増加に加え、トリガー呪文による反撃をシャットアウトします。場とマナにジョーカーズが11枚あればG0発動!

素で撃つ分には重いですが、それでも《カンクロウ・ブラスター》《幻影 ドン・サボテ》《チョモランマッチョ》等の全軍パンプカードと肩を並べる、もしくはそれ以上の爆発力を秘めたカードです。
ブレイク数は自身を含めたクリーチャー分なので、小型クリーチャーがぽつぽつ並んでいるだけの盤面でもこれを撃つだけで対戦相手1人を終わらせるなんて事も。

■目玉坊ちゃんズ

f:id:newshellfishtyphoon:20180128194359j:plain

ジョーカーズのトリガークリーチャー。
次の自分のターンの始めまでに、自分を攻撃してきたクリーチャーを破壊し、
SST効果では攻撃をさせません。

今回一番驚いたカードです。

「次の自分のターンまでに」
DMEDHにおける相手のターンは対戦人数分、4人対戦であれば3ターンある状態であり、それ故に「自分のターンの始めまで」を参照するカードというのは持続時間が通常環境の倍以上あります。

「自分を攻撃したら、攻撃したクリーチャーを攻撃後に破壊」
エタトラやRevタイマンのように相手クリーチャーを選んでいる訳ではないので、相手複数人に対して効果を与えます。
相手としても、余程の場面でも無い限り自分のクリーチャーをいたずらに減らす訳にはいかないので「破壊されるなら代わりに隣でも殴るか」という風に攻撃を逸らせる事が出来ます。


■ぱくちーたー

f:id:newshellfishtyphoon:20180128200353j:plain

目玉坊ちゃんズと同様のSST持ちクリーチャーのサイクル。

DMEDHでも採用率の高いカブラ・カターブラの実質上位互換。
カブを探すのが大変だったのでこういったクリーチャーはとても有難いです。
SSTの効果もとても3コストクリーチャーとは思えません。
今回のこのサイクルはどれも素敵ですね。


■さいごに

この記事を書いてる途中に殿堂発表がありましたが、Twitterは大荒れでしたね。
しかし、通常環境の勢力図が大きく変わりそうでワクワクします。
DMEDHの方も、先日の制限で使えるようになったカードを中心に新作を組みたいです。

おしまい。