深海の台風

FC2から移転しました。

自己紹介 & 注意事項


f:id:newshellfishtyphoon:20180108213757j:plain


こんにちは。

Chenと申します。

趣味はカードゲーム(デュエル・マスターズ)、ラーメン食べ歩き、飲み歩き、旅行です。


デュエルマスターズは基本的に収集をメインに行っており、

プロモーションカード
(第1期~第13期までの通し番号無し、第14期のGP&CSプロモ以外の全プロモ収集済み。第15期以降は収集休止)

殿堂入り・プレミアム殿堂入りカード
(ファイリング継続中)

英語版プロモーション・カード
(現在80種収集)

エラーカード
(ホイルミス系エラー)

日焼け・色褪せしたホイルカード
(カードショップのショーケースに飾られ、経年劣化及び紫外線によって脱色したカード)

を収集しております。



このブログでは主に「DMEDH(デュエルマスターズ非公認多人数戦)」について書いていきます。

ブログ更新の頻度は高くないですが、読んで頂ければ幸いです。

宜しく御願いします。

【注意】

本ブログに掲載されているデッキレシピですが、掲載日当時の「DMEDH制限レギュレーション」を基にデッキを構築しております。
ですので、デッキレシピの中には現在の制限レギュレーションでは使用出来ないカードも記載されている可能性もございます。
本ブログのデッキレシピを参考にされる場合は今一度こちらのページをご確認頂きますよう、宜しく御願いします。

【DMEDH】2018年1月14日のルール変更について&ループデッキの思い出話

初めてこのサイトを閲覧される方へ

 

「DMEDH」とは「非公認のデュエマ多人数戦ルール」の事を指します。
DMEDHについてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record

 

f:id:newshellfishtyphoon:20180118231223j:image

 

こんにちは。

 

【DMEDH】ルール&規制リスト更新:2018/1/14 | DM:Akashic Record

 

DMEDH、久しぶりに大きなルール改訂が来ましたね。

 

デッキに4枚以上入ることができる能力を持つカードを除き、プレイヤーは自身が同じターン中にバトルゾーンに出したクリーチャーと同じ名前のクリーチャーをバトルゾーンに出すことはできません。
プレイヤーは自身が同じターン中に唱えた呪文と同じ名前の呪文を唱えることはできません。

 

クリーチャーを1枚「統率者」に選びます。ただしデッキに4枚以上入れることができる能力を持つカードは選ぶことはできません。

 

 1つ目のルール改訂は実質「ループ行為の禁止」とも言える内容で、DMEDHに一定数存在していたループデッキはほぼ消滅する形となりました。

 

2つ目のルール改訂はチョロチューや遊撃師団等の「デッキに5枚以上投入する事が可能なクリーチャー」に関する裁定で、

「これらを統率者にした時、山札等の非公開領域に統率者を飛ばしてしまうとどれが統率者か分からなくなってしまう」

という問題を解決する為の改訂のようです。

 

新弾で使い勝手の良いカードが出た事による対応みたいです。

 

 

1つ目の「2度撃ち禁止」ルールですが、

正直「2度撃ちまでは許して欲しかった…」と思いました。ループの絡まないデッキでも同一カードの2度撃ちは頻繁に行うので、そこが気になりました。

折角制限改訂でロビンチャンプやアカデミーマスター、チュレンテンホウ等の呪文2度撃ちクリーチャーが制限解除で返ってくるなら、それを活かしたデッキも組みたいと思ったので。

ただ、その辺りに関しては地元環境のローカルルールで折り合いを付けられたらなと考えています。

 

 

今回のルール改訂について、DMEDHでループデッキ使うのは云々~という話題を見かけます。

通常環境でもループデッキを良しとしない方を多々見かけますし、DMEDHの方針としても相手の妨害がほぼ介入出来ないループデッキに対しては今までに何度もパーツの制限をかけてきたのは確かです。今回のルール改訂に関しても「ループパーツに制限をかけ続ける事に限界が来た」という事でルール自体の改訂に至った訳ですが、

私自身は、DMEDHのループデッキに対してマイナスのイメージを抱いていません。

 

多くのパーツを駆使し、滞り無く丁寧に解説しながら周り3人を山札切れに追い込んで勝利するループデッキも、それはそれでDMEDHでのプレイの1つであり、楽しみだと思っているからです。

相手として対戦する分にも、パーツが多い分多彩なコンボや自分のデッキにも生かせるノウハウを知るきっかけになるのも、ループデッキならではの魅力だと思います。

 

「社交的な関係」を目指して作られた、本家MTGのEDH。

それを基に作られたDMEDH。

 

「関係を損ねるループデッキが存在しない環境を築く事」

「ループデッキであっても、別け隔て無く受け入れ戦う環境を築く事」

どちらも、社交的な関係を築く為に目指す選択肢であり、どちらかを選択もしくは妥協するラインを見つける時が来ます。今がまさにそんな時です。

 そして、どちらかが正解だ、間違いだなんて決める必要は無いと思います。ループデッキが消滅した事によって、DMEDHが今まで以上に盛り上がるかも知れませんし、DMEDHの世界を縮こまらせてしまうかも知れません。

けど、どんな事でも「こうする事が正しい」なんて根拠も保証もありません。

 

 DMEDHのルールは紳士協定の上に成り立つもの。

けど、紳士の思いも生き方も1つだけじゃない。

それぞれが、信じる紳士になればいい。

お互いの価値を、認めあえる紳士になればいい。

 

私はそう思います。

 

 

 

 

何にせよ、DMEDHでのループデッキが事実上消滅しちゃったので、追悼企画としてループデッキの思い出を綴ります。

 

 

■DMEDHループデッキの思い出

 (ケース1)

昨年冬の洛中CSでの会場で初めてDMEDHのループデッキ対戦した時、対戦前に使用者の秋静夜さんから

「DMEDHのループデッキについてどう思っていますか?」

 

という質問を受けました。ループに対して苦手意識がある人がいる事を踏まえての質問でしたが、私はその質問に対し

「DMEDHでループされた事が無いんで特には何とも…」

と答えたばかりに、丁寧な解説と共にグスタフとマイトアンティリティのキズナ効果を使い回され3人まとめて倒されました。

 

(ケース2)

昨年末の京都DMEDHオフ会においても、対戦前に使用者のおりーさんからループについて秋静夜さんと同様の質問を受けました。おりーさんに関しては

「今日のオフ会ではループしないって心に決めてるんで!」

と、対戦前に宣言されていましたが、シュパック効果でサンマッドとオチャッピィを回し出した時は「これループじゃん!」と周りからツッコミが入っていました。本人曰く「大作家ヴィクトル・ユニゴーンは最強」だそうです。

 

 

 ■さいごに

今回のルール改訂に伴う制限改訂で、面白いカードが沢山無制限になってので、それについても後日記事にしたいと思っています。個人的にはキリコ3サイクリカバウライオンの無制限がアツかったです。

【DMEDH】第三回京都DMEDHオフ会に参加しました


f:id:newshellfishtyphoon:20180104212131j:plain



こんにちは。

2017年も残す所あと僅か…
と、思ったらもう2018年。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


気付けば平成は30年になり、気付けば激動のジョーカーズ編も第4弾までパックが発売されています。


今思えば、
新しい種族がプッシュされる!とか
ルールが変わる!とか
色々な事が新鮮でしたね。

DMEDH環境においても、様々な新カードが構築の幅を広げてくれました。
私が一番衝撃を受けたのはジョーカーズ登場による「無色単」の強化でした。
「チョコっとハウス統率」…中々侮れません。


そんな激動の2017年の総決算とも言えるイベントが
12月23日(土)、京都教育文化センターで開かれました。


「第三回 京都DMEDHオフ会」


最初は32人枠の交流会の予定でしたが
受付開始早々から参加希望者が殺到。
その為急遽会場を変更し、参加人数枠を64人に倍増したこのオフ会に、全国からDMEDHプレイヤーが集結しました。


f:id:newshellfishtyphoon:20180103183350j:plain

会場入口。


f:id:newshellfishtyphoon:20180103183420j:plain

参加費と引き換えにオフ会オリジナルの
「プレイマット」と「デッキケース」を入手。
かわいい。


開会式が終わるとすぐに…

対戦開始!10時半から閉会の20時半までひたすらDMEDH!

途中敗退したり、対戦が終わるとすぐに別のテーブルでマッチング!すぐに対戦開始という風にぐるぐるとテーブルを巡りました。


途中、サブイベントで魔王として立ちはだかる運営に挑むチーム戦(魔王戦)も開かれました。


当日私は「武家類武士目ステージュラ統率」と「終断αドルーター統率」を使用しました。受けの弱さとヘイト管理の甘さが出てしまい、一度も1位にはなれませんでしたが、様々なデッキ、DMEDHプレイヤーと対戦出来た事が何よりの収穫でした。



個人的に印象に残ったのは

舌切すずめさんの
「ガチャンコ ガチロボ統率青t無色8軸ガチロボ」

と、

イワンさんの
「星龍パーフェクト・アース統率5cドラゴン」
でした。

DMEDHでガチロボ統率というのは話には聞いていましたが、実際に対戦したのは初めてでした。
DMEDHで「捲り」と言えば転プロキューブブラスター
メガ・メイキング・ドラゴン、それにガチャ関係等、
「使われる側からしたら捲れない事を祈る」
カードのイメージが強いのですが、ガチロボに関しては1枚目、2枚目、3枚目と捲っていく時のワクワク感を全員で共有出来るのが素敵だな、と感じました。

実際に対戦した時も、全部ゾロ目で出てくれば「おおーっ!」っとなりましたし、コスト違いが混ざってしまった時は「あぁ…惜しい」と、敵(?)ながら残念に思ってしまう位でした。


イワンさんのドラゴンデッキは「パワー」って感じのデッキタイプでしたが、何が印象に残ったかと言うと

f:id:newshellfishtyphoon:20180104204341j:plain

f:id:newshellfishtyphoon:20180104204400j:plain

f:id:newshellfishtyphoon:20180104210158j:plain


このコンボでした。
(バルカディアNEXが出た後は3人まとめて倒されてしまいました)

カード単体のパワーだけでなく、パーツを組み合わせてぶっ放せるロマンあるコンボというのが何とも羨ましかったです。





朝から晩までの対戦が終わった所でビンゴ大会があり、

f:id:newshellfishtyphoon:20180104210305j:plain

見事賞品のデッキを手に入れました。


閉会式後はササイさん諏訪さんはたけさんさえぐささんデルタ君おすてぃ鼓笛と河原町で飲みました。
(終電逃がしてしまいましたが無事に帰宅する事が出来ました。飲み会同席の皆様、ご心配をかけました事を改めてお詫び申し上げます。)


京都DMEDHオフ会、本当に楽しかったです。
運営の皆様、オフ会の企画及び円滑な対応をありがとうございました。
今回対戦して下さった方、今後機会があれば改めて対戦の方宜しく御願いします。

【DMEDH】ゼニス枠、誰にする?

※初めてこのサイトを閲覧される方へ

「DMEDH」とは「非公認のデュエマ多人数戦ルール」の事を指します。
DMEDHについてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record




f:id:newshellfishtyphoon:20171127184309j:plain




こんにちは。

今回はDMEDHで使用する「ゼニス種族」のカードについて書こうと思います。


通常環境でもそのパワーで環境を席巻してきたゼニスですが、DMEDHにおいてもそのカードパワーは高く、基本ルールにて
「ゼニス種族を持つカードはデッキ1枚のみ投入する事が出来る」
と定められています。

何も考えずに1枚投入するだけでも強力ですが、各ゼニスにどんな特徴があるのか並べてみましょう。


■DMEDHで使えるゼニス一覧

(2017年11月27日現在の制限です)

無制限(統率者の文明に関わらず使用可能)
・「俺」の頂 ライオネル
・「智」の頂 レディオ・ローゼス
・「命」の頂 グレイテスト・グレート
・「祝」の頂 ウェディング
・「呪」の頂 サスペンス
・黄金龍 鬼丸「王牙」
・「破滅」の頂 ユートピアエヴァ
・「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
・「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス
・「勝利」の頂 バトル・ザ・クライマックス
・「無情」の極 シャングリラ
・「十尾」の頂 バック・トゥ・ザ・オレ
・「終」の頂 イギー・スペシャルズ
・「我」の極 エゴイスト
・「獅星」の頂 ザ・ライオネル
・「理想」の極 シャングリラ・エデン


3色以上制限(2色以下の統率者デッキにのみ投入可能)

・「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」




使用禁止
以下のカードはどのデッキにも投入する事が出来ません。

・「戦慄」の頂 ベートーベン
・「謎」の頂 Z-ファイル
・「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ
・超絶奇跡 鬼羅丸
・「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン



■特徴

「俺」の頂 ライオネル

f:id:newshellfishtyphoon:20171127223449j:plain

でかいねこ。
盾カードを全てトリガー化する大型ブロッカー。召喚cipで盾追加、任意で相手に盾を選ばせそれを手札に加えます。

ブレイクすれば何らかのカードがコスト踏み倒しで出てくるので、ビートに対する牽制をかける事が出来ます。
特にDMEDHでは山札内の大型クリーチャー、呪文の比率が高いのでテキスト以上のプレッシャーを発揮します。



「智」の頂 レディオ・ローゼス


f:id:newshellfishtyphoon:20171129075340j:plain

召喚cipで5枚ドローと5枚ハンデス
相手とハンド差をつけます。
DMEDHでは水が入らないデッキでも手札が10枚以上になる事もザラにありますが、それでも後続を呼びつつハンドの少ない対戦相手1人を機能停止にさせるこのカードの実力は侮れません。



「命」の頂 グレイテスト・グレート


f:id:newshellfishtyphoon:20171129080141j:plain

召喚cipで墓地とマナから合計7コストになるようクリーチャーを好きな数踏み倒し。
7コストぴったりにする必要がありますが、幅広い用途があります。
2+2+3のように小粒を並べたり、7コストのドラグナーサイクルを出したり、進化クリーチャーも出せる事を利用して《革命龍程式 プラズマ》を出して4ドローエビデゴラス龍解の2+2打点で奇襲をかけたり
《裏革命目 ギョギョラス》を出して除去と更なる踏み倒しをかけたり…
自身もパワー21000のQブレイカー持ちで雑な強さを発揮します。


「祝」の頂 ウェディング


f:id:newshellfishtyphoon:20171129185052j:plain

召喚cipで相手に合計4枚のセルフ盾送り効果と盾焼却3打点を持つゼニスです。

ハンドが増えやすいDMEDHではウェディングは弱そう…なんて思ってた時期がありましたが、実際コントロールの長丁場で使われると厄介この上ないです。
ターンを回すと焼き盾ジャぱんされるのが目に見えるのですが、下手に除去しようとすると
「また盾送りを食らう…」
「今度はこっちが狙われるんじゃないのか…」
というプレッシャーを複数の相手に与える事が出来ます。


「呪」の頂 サスペンス


f:id:newshellfishtyphoon:20171129191529j:plain

召喚cipで相手の手札と盾から合計2枚選んで呪文ならコスト踏み倒し、残りは墓地なので実質2ハンデスor盾焼却。
ブルーメルキスやハカイデストロイヤーのようにAT(ブレイク)時にも効果使えたらなって思います。
大型呪文捲って逆転もいいですが、cipで盾2枚焼くのが一番丸いのかも知れません。


黄金龍 鬼丸「王牙」


f:id:newshellfishtyphoon:20171129193329j:plain

召喚cipで相手の無色以外のクリーチャーに12500全体火力を放つSA3打点のゼニス。ハンターとエイリアンにエターナルΩを付与します。
ハンターorエイリアンデッキでなくとも「全体除去の手段が乏しく、横に並べられるだけで動きが止まってしまう」ようなビートダウン寄りのデッキでも採用を検討出来ます。
除去で言えば後述のVANベートーベンがいますが、「破壊による除去である点」「SA持ちで即座に攻撃に参加出来る点」で差別化出来ます。



「破滅」の頂 ユートピアエヴァ


f:id:newshellfishtyphoon:20171130084156j:plain

でかクルト。バトル肩代わり効果持ちのアンタッチャブルブロッカーです。
召喚時に相手1人にファントムベールをかけます。
守りだけではなく、並べたウィニーをタップしている相手クリーチャーに特攻させ、バトルを肩代わりさせるのも効果的ですね。メタリカデッキに入れてみても面白いかも知れません。


「修羅」の頂 VAN・ベートーベン


f:id:newshellfishtyphoon:20171130123227j:plain

召喚cipで相手1人に全バウンスをかけ、相手全体にドラゴン・コマンド封じを仕掛けるゼニス。
DMEDH環境でもそのパワーは健在で、ヘイト値が特に上がりやすいカードです。全バウンスもエターナルΩも強烈なので、相手に「VANを消せないならプレイヤーごと消すしかない」という選択肢を与えてしまいますので注意。

「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス


f:id:newshellfishtyphoon:20171130123923j:plain

ワールドブレイカー持ちのゼニス。
貴重なゼニス枠に埋める事をためらってしまう程の淡白なスペックではありますが、ワールドブレイカーは魅力的であり相手としては除去しなければ次のターンに盾を全て吹き飛ばされるので、必然的に除去を強いられます。
ただSAも召喚時効果も無いので、使う際は何らかのサポートはしてあげたい所ではあります。

「勝利」の頂 バトル・ザ・クライマックス


f:id:newshellfishtyphoon:20171130124820j:plain

無限掌持ちのゼニス。召喚cipでSAとバトル必勝効果が付与されます。
殴り返しには持ってこいのクリーチャーで、単純な火力や除去では王牙やVANが優先されますが、攻撃による除去なので2人以上のプレイヤーの盤面を荒らす事が可能です。
更に《勝負だ!チャージャー》《一極両得 ドンドン&パンパン》等でアンタップキラーも付与すると手を付けられない強さになります。

「無情」の極 シャングリラ


f:id:newshellfishtyphoon:20171130182229j:plain

ガーディアンとゼニスの親分。
場・墓地・マナから進化元を引っ張ってくる無限進化ゼニスです。
ATで相手クリーチャーを山札送りにしつつタップ状態になる事で相手の攻撃を制限します。勿論エターナルΩも持っているので再展開も容易。墓地やマナに落ちたハヤブサマルを進化元にするのも〇。
ガーディアンデッキには勿論、進化元種族に縛られないイノセント系のデッキに差すのもありです。



余談ですが、私はシャングリラよりも

f:id:newshellfishtyphoon:20171130185033j:plain

こちらのカードのお世話になる事が多いです。

9マナと重いですが、
・無色なのでどんなDMEDHデッキにも採用出来る
・コストや進化非進化種族等の制限無くリアニメイト出来る

という点が魅力的です。

ゼニスは入れていなくても
《トンギヌスの槍》《墓地の守護者メガギョロン》とこのカードはデッキに入れてたりします。

「十尾」の頂 バック・トゥ・ザ・オレ

f:id:newshellfishtyphoon:20171130191359j:plain

きつね。
召喚cipで山札から6コスト以下の呪文を2枚サーチし、相手に選ばせ1枚を踏み倒し1枚を墓地に置きます。ATで墓地の6コスト以下の呪文を踏み倒します。

入れるとなるとロマノフ系統、《暗黒皇グレイテスト・シーザー》《暗黒邪眼皇ロマノフ・シーザー》統率のデッキでしょう。
サーチする手段が少ない赤黒で、単純に召喚して山札から2枚サーチするだけでも強力です。

「終」の極 イギー・スペシャルズ


f:id:newshellfishtyphoon:20171130194959j:plain

進化ゼニス。無色クリーチャーを進化元にした無限進化クリーチャーであり、ATで進化元クリーチャーの数だけ除去とハンデスを与えます。
ゴッドノヴァやジョーカーズ等無色クリーチャーが多く積まれるデッキでは絶大な威力を発揮します。メテオバーンではないので何度も同じ威力で除去とハンデスを撃てるのは強み。


「我」の極 エゴイスト

f:id:newshellfishtyphoon:20171130214915j:plain

進化ゼニス。進化元は自分のおてて。
ブラックボックス特有のお遊びカード。
20000台のファッティを一方的に殴れるパワーは魅力的ですが、それなら前術のバトル・ザ・クライマックスを使う方がよいでしょう。
2回攻撃も素敵ですが一般的なDMPだと盾を割るのに苦労します。

何にせよネタの領域から出てくる事はここしばらくは無いでしょう。


「獅星」の頂 ザ・ライオネル

f:id:newshellfishtyphoon:20171130215638j:plain

でかいねこ。
光文明になった代わりにエターナルΩを失ったライオネル。召喚cipで3ドロー&手札から盾3枚追加。相手の複数枚ブレイカーに対してシールドにトリガーを付与します。
初代ライオネルのように常在でトリガーを使う事は出来ませんが、《ヘブンズ・ゲート》《超次元マザー・ホール》から踏み倒す事が出来るようになったのは大きな利点です。


「理想」の極 シャングリラ・エデン


f:id:newshellfishtyphoon:20171130220358j:plain

帰ってきたシャングリラ。
相変わらずガーディアンの大将ですが、進化元に場・墓地・マナから1体ずつ選ぶ必要があります。

進化元はどんなクリーチャーでも大丈夫という点、
攻撃時に破壊以外の除去が放てる点、
従来のタップ時効果にブロック不可も加わり打撃が通りやすい点
更に↑のブロック不可効果のおかげでブロッカーで固められた盤面を無視して後続のクリーチャーも殴りに行けるようになる点
エターナルΩ持ちなので黒の入らないデッキでも擬似サルベージが行える点

から、元のシャングリラ以上に幅広く使われるようになりました。
ヘイトが集中しやすいですが、ゲームを一気に進めていく事が出来ます。



「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」


f:id:newshellfishtyphoon:20171130221624j:plain

ザ・ガチンコジャッジ。
召喚cipで相手の盾の枚数分ガチンコジャッジを行い、勝った回数分手札・マナ・墓地からハンターを踏み倒します。


先日の制限改定で
使用禁止」から「3色以上統率者での使用禁止」に緩和されたゼニス。
つまりは2色までの統率者であればデッキに入れる事が可能という事です。
組むとするならやはり赤緑のステロイドカラーでしょうか。
火力とブーストを兼ね備え、環境で暴れ散らかしたハンター達を多数投入する事が可能なカラーなので組みやすいでしょう。
DMEDHでは初期盾枚数が7枚なので、GJからの踏み倒しは盾除去が無くても十分行える可能性が高いです。




さいごに

「DMEDHで使えるゼニスって誰がいたっけ?」
と、ふと気になったのでまとめてみました。
俺ライオネル、VAN、シャングリラエデン辺りが大体のデッキに入れやすい、無難なゼニスだと私は思います。選定に困ったらこの3体から選んでみてはいかがでしょうか。



おしまい。

【DMEDH】強い!安い!可愛い!武家類武士目ステージュラ統率緑単デッキの紹介


f:id:newshellfishtyphoon:20171119131451j:plain

※初めてこのサイトを閲覧される方へ

「DMEDH(デュエマ多人数戦)」についてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record





こんにちは。

DM界隈でDMEDHへの関心が高まっている中、 来月12月の23日(土)に京都でDMEDH交流会が行われますね。

私はバッチリ参加申し込みしました!登録番号1番!

登録枠が埋まった事を受け、急遽会場の変更と参加枠が32人→64人になりました。まだ参加枠に余裕がありますので、皆さんも是非参加されてみてはいかがでしょうか。参加賞にオリジナルプレマがついてきますよ!


→京都DMEDH交流会のリンクはこちら


と言う事で、今度の交流会に向けてDMEDHデッキを紹介していきます。



■強い!安い!可愛い!3拍子揃ったステージュラ統率デッキ


見出しにドドンと、ステージュラ統率の魅力的なポイントを3つ挙げましたが、これに尽きると思います。


「強い」

・序盤から軽量フェアリーを展開しつつステージュラを無償降臨、パワー11000軍団で相手を蹴散らすパワフルさ
・ビートの天敵である全体除去を食らっても返しにあっさりと戻ってくるタフさ
・自然単色デッキとは思えない守りの固さ

「たかが1、2マナのスノーフェアリーが…」と侮っていると痛い目に合うのがこのデッキの恐ろしい所です。


「安い」

「白単組みたいけどパラディオスもゼウスもグランデも無駄に高い…」
「E3のVカードどこも値下げしないからアウトレイジ組みづらい…」
「ロストチャージャーもインフェルノゲートも欲しいのにどこにも落ちてない…」
「最近の高騰で汎用次元に手が届かない…」

どれもDMEDHあるあるですが、ステージュラ統率デッキの大半はストレージに落ちているようなノーマルカードが大半を占めており、驚く程安く組む事が出来ます。


「DMEDHやってみたいけどまずは何組んだらいいんだろう…」と悩んでいる人にもおすすめしやすいですね。地元でDMEDH布教をされている方にもおすすめしたいです。

(遊撃師団サイクルのデッキも安く組む事は出来ますが、あのサイクルは必要枚数探そうと思うと意外に集まらなくて苦労します…)


「可愛い」
そのまんまです。可愛いスノーフェアリー達を沢山積めます。いかついカードが並ぶDMEDHの戦場の空気を和ませてくれます。和むでしょうか。私は和みます。

因みに私のお気に入りのスノーフェアリーはデュエデミー版の「ベル・ザ・エレメンタル」です。



■デッキレシピ

私のステージュラ統率のデッキレシピがこちらになります。


f:id:newshellfishtyphoon:20171119151034j:plain


・統率者



f:id:newshellfishtyphoon:20171119151137j:plain

武家類武士目 ステージュラ』
このデッキの統率者。
7マナ11000のドラゴンで場に自分のスノーフェアリーが3体いればG0で出てくる。cip効果で墓地とマナからスノーフェアリーを好きな数回収し、更にはスノーフェアリーのバトル肩代わり効果を持つ至れり尽くせりなクリーチャーです。

ポレゴン→ステップル→雪精マリニャンG0ステージュラ→龍覇マリニャンハラグロフェス設置のムーブメントが決まるとかなり気持ちいいです。

欠点ですが、周りのスノーフェアリーだけを潰されてステージュラが場にポツンと立ってるだけの盤面はしんどいです。《母なる紋章》や《リーフストーム・トラップ》等、スノーフェアリーの回収の為にも能動的にステージュラを盤面から離せるカードも入れておくといいです。

後は、後半になるとステージュラのパワーを越えるクリーチャーが出て来やすいという点です。バトル肩代わりが使えなくなる代わりに、特攻からの再度G0で墓地マナ回収…という動きも出来なくはないので一概にはデメリットとは言えません。厳しい事には変わりはないですが。


スノーフェアリー


f:id:newshellfishtyphoon:20171119181636j:plain

進化スノーフェアリー。どれも強力です。

ダイヤモンド・ブリザード
→2枚目の《ステージュラ》として。墓地及びマナ回収は強制なので出すタイミングに注意。

ダイヤモンド・カスケード
→マナ回収+マナブースト。墓地が肥えていると一気にマナが起き上がります。フィニッシュを決める際に展開→カスケードでマナ起こし→展開→ステージュラ→展開という怒涛のムーブが発生したり。

ダイヤモンド・クラック
→置きブースト。相手がガンガン伸ばしてるマナを利用していきます。

ダイヤモンド・フォール
→フィニッシャー。終盤の接戦でスノーフェアリー達の打点を増やします。

ベル・ザ・エレメンタル
→序盤から終盤まで活躍するブースト枠。スノーフェアリー以外からも進化出来る点も大きいです。





f:id:newshellfishtyphoon:20171119182831j:plain

非進化スノーフェアリー(4〜5マナ)

雪精チャケ&斬雪妖精バケット・バケット
→pigナチュトラ持ちのシールド・セイバーにしてこのデッキの重要な「壁」です。

盾を割ろうとした相手にセイバー自壊によるマナ送りを放てる点、ステージュラによって何度でも盤面に戻ってくる点が相まって、想像以上のしぶとさを誇ります。チャケの場合ですと《アラゴト・ムスビ》によるマーシャル・タッチで能動的にマナ送りを放てる点も見逃せません。

雪精エリカッチュ
→非進化7マナ以下をマナ送りにします。なんで非進化だけなんだ…。通常環境でイメンに投入されてた時期がありましたが、通常DMEDH共通して彼女の強い点は「味方もマナに送れる」という点です。いざとなったらステージュラを統率者ゾーンに戻して出し直す…という使い方もありかも知れません。革命2でSトリガーが付与される点も小さくはないです。

雪精バケラッタ
マナブースト&トリガー撃ち抜き要員です。一斉攻撃時の際、相手が埋めた《スパーク呪文》や《アポカリプス・デイ》、《終末の時計 ザ・クロック》による反撃リスクを抑える事が出来ます。白や青を相手にするとほぼ必ず盾交換や盾追加が来るので入れておいて損は無いです。《アクア警備員 ザ・ラスト》みたいに撃ち抜き後の盾追加タイミングがターン終了時なら更に強かったのに…。

雪精 マリニャン
→扇動サイクル。ビート時の後続確保要員。

雪精ビッグビッグ
→ガードマン。革命2の攻撃誘導効果も侮れません。

妖精のイザナイ オーロラ
→光臨クリ。4マナ目に持ってきたいです。どさくさに紛れてビートし、光臨で後続を引っ張ってきます。このデッキに入っている全てのスノーフェアリーを引っ張って来れるのはすごい。その場その場に応じたクリーチャーを持ってくるのがベストですが、困ったら《チャケ》《バケットバケット》辺りを引っ張ってくるのが無難です。

呪紋のカルマ インカ
→トリガークリ&シノビ封じ。ワンショットを決める時には是非とも立てましょう。

魅了妖精チャミリア
→TTでディメンジョン・ゲート。ステージュラのおかげで殴り返しによるリスクが減りました。種族関係無く持って来れるので《龍覇マリニャン》や《龍覇サソリス》辺りをいち早く持ってきます。



f:id:newshellfishtyphoon:20171119215718j:plain

スノーフェアリー(1〜3マナ)


雪精フユゲ・シッキY
雪布妖精ユウコ

→マナ爆誕枠。ハンドが0でもここからG0ステージュラへの活路を見出す事が出来ます。初手に来た時サッとマナに置けるのも利点。

雪精ホルデガンス
桜風妖精ステップル
霞み妖精ジャスミン

マナブースト枠。ジャスミンは基本場には残らない為ステージュラのG0とは相性が悪いですが、その分G0回収効果で何度もブーストする事が出来ますのでその点で強いです。

雪精ジャーベル
きぐるみ妖精 ユッキー

手札補充要員。ユッキーは簡単に言えば「効果が任意のスナイプ・モスキート」で、マナに落ちたキーパーツをビートしながら拾ってくれるのでとても強いです。

剛勇妖精ピーチ・プリンセス
剛勇妖精フレッシュ・レモン

コスト軽減要員です。とても可愛い…。
どちらも出したターンの2体目、3体目のクリーチャーのコストを下げてくれるので便利です。

天真妖精オチャッピィ
マナブースト要員。墓地に落ちたスノーフェアリー以外のカードをマナに置き、マナ回収クリーチャーで釣ってくる事によって使い回しが可能になります。

雪精 ホウホウ
扇動サイクル。攻撃1体目のパンプアップをしてくれます。ステージュラのパワーを14000に上げる事により更なる大型クリーチャーとのバトルを有利にします。

フルフワモケダケ
攻撃誘導。スノーフェアリーではありませんが2マナクリとは思えないテキストがサラッと書いてあります。除去には弱いですがタップ状態にする事で
「相手クリの攻撃をフルフワモケダケに誘導→ガードマンと化したスノーフェアリーとバトル→そのバトルをステージュラが肩代わり」
という事で、スノーフェアリーを実質11000のブロッカーとして扱う事が出来ます。

神討妖精ユキダル・オジサン
攻撃時にタップされている自分のクリーチャー分のコスト以下の相手クリーチャーをマナ送りにします。数が並ぶデッキなので中々侮れない効果です。

冒険妖精ポレゴン・ジョーンズ
コストとパワーが上がったポレゴン。

雪精キタサ・カンバY
愛恋妖精ミルメル
冒険妖精ポレゴン

1コススノーフェアリー。初手や余ったマナでサッと出します。ミルメルは相手に追加ブーストを許してしまいますが、ヘイト分散としての役割もあります。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120202537j:plain


超次元関連。ここら辺は正直人の好みによって内容が変わります。
私はドラグハート4サイキック4の割合にしていますが、使用頻度によってはサイキック関係は今後抜くかも知れません。

龍覇サソリス
龍覇マリニャン

ドラグナー

イチオシ!ハラグロフェスティバル
神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ
龍魂城閣 レッドゥル
龍魂教会 ホワイティ

対応するドラグハート。現在の制限レギュレーションではハラグロフェスとジュラピルがコンビ殿堂になっており、デッキにどちらかしか入れる事が出来ません。マリニャンから出せる事を優先しハラグロフェスにしましたが、便利なジュランクルーガに龍解出来るジュラピルも捨て難いです。
レッドゥル&ホワイティの枠もウルオヴェリアやグリージーホーンに変えてしまっても良いと思います。

次元流の剛力
超次元フェアリー・ホール

サイキッククリーチャーへのアクセス枠。

勝利のガイアール・カイザー
勝利のプリンプリン
時空の踊り子マティーニ
時空の喧嘩屋 キル

サイキック枠。アクセス出来るカードが少ない事からか、緑単で同じくステージュラ統率を使われている方の大半はサイキッククリーチャーを採用していません。引けたら、使えたらラッキー位の気持ちで入れています。

勝利のガイアール・カイザー
→除去&即座の打点枠。正直これはタイタンの大地ジオ・ザ・マンに変えても良いかも知れません。

勝利のプリンプリン
→拘束枠。面倒なクリーチャーを眠らせるこのカードはDMEDHでも強力です。

時空の踊り子マティーニ
→防御枠。DMEDHでは全体除去が盛んに使われますが、それでも1体のブロッカーが勝敗を分ける場面も少なくありません。ミランダであれば即座に裏面にアクセス出来るのが強いです。

時空の喧嘩屋キル
→数合わせに近いですが、バウンスに耐性を持つ殴り手は割と有難いです。これもアンタッチャブルに変える方が良いかも。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120205150j:plain

ワイルド・ベジーズ枠。デッキを陰ながらサポートするかっこいい野郎共です。

バロン・ゴーヤマ
サーチ&踏み倒し&墓地肥やしetc……
山札のベジーズを踏み倒すのはもちろんの事、スノーフェアリーを持ってきてステージュラでそのまま回収したりカブラカターブラと併用して擬似「クリスタル・メモリー」のように使ったりと様々な動きが出来ます。
山札のカードをマナに置くまでは任意で後は強制効果。マナにベジーズがいなければただのでかいナスオになります。

カラフル・ナスオ
カラフル・ダンスの調整版クリーチャー。墓地を肥やしステージュラで回収するスノーフェアリーを増やします。

アラゴト・ムスビ
マナ爆誕&マーシャルタッチ持ちの殿堂クリーチャー。ステージュラ含むcipクリーチャーの使い回しとマナブーストを行いますが、殿堂の名に恥じない柔軟な動きを見せてくれます。

カブラ・カターブラ
トリガー持ちのマナ回収要員。呪文やクロスギア、スノーフェアリー以外のクリーチャー等を回収します。

ジオ・ナスオ
ダンディ・ナスオ

マナ調整。ダンディだけでも十分なのですがコスト軽減下だとアンタップで置かれたマナから延々とクリーチャーが湧いてくるのでジオの方も中々強いです。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120213918j:plain

その他クリーチャー。

口寄の化身
ドローソース。同じスノーフェアリーでも「スノーフェアリー風」だったり、地味に革命軍だったりで少ない盤面でも5枚以上引ける事も少なくありません。

ベジタバッタ・パンツァー
自然らしいスレイヤー。NEO進化クリーチャーの状態であればバトルの際に置換効果で両者をマナ送りに出来ます。寝ているゼニスに特攻したりエスケープや龍回避持ちを超次元に送り返したりと相手の不意を突けます。

S級原始 サンマッド
侵略クリーチャー。ビートも除去もマナブーストもこなします。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120214851j:plain

トリガー枠。

Dの爆撃 ランチャー・ゲバラベース
防御及び踏み倒し枠。チャケと一緒に立てておくだけで相手のビートを躊躇させます。デッキのクリーチャーのコストも低めなのでD2スイッチはさっさと使った方がお得です。

古龍遺跡エウル=ブッカ
除去。

グローバル・ナビゲーション
除去とマナ回収。1枚のカードで立ち回りを広げられるこのカードは様々な場面で活躍します。

チャケの心意気
防御枠。優先度は低めですが相手の攻撃をスノーフェアリーに逸らしつつ、破壊されたらステージュラで即回収も出来るので悪くはないかも知れません。

新緑の魔法陣
シールド追加。トリガーを埋めて牽制をかけたり出来ますがDMEDH環境ではシールドなど焼却やトンギヌス等で撃ち抜かれたり呪紋の化身やナンバーナイン等に無効化されたりとあてにならない場面も少なくないですが、盾0の場面で使う事によりチャケとバケットバケットのセイバー効果を復活させる事が出来ます。

Rev.タイマン
緑のソーラーレイ&スパーク枠。と言ってもタップは出来ませんが一時しのぎには十分な効果です。革命2の効果は後続のSAや進化クリーチャーには無力なので注意。

チャケの応援
パンプアップ&スパーク枠。3マナとは思えないテキストが書かれてます、と言っても盾から出てきて貰わないと困ります。

父なる大地
除去枠。相手のマナからヘイト値が上がりやすいクリーチャーを引きずり出して、他のプレイヤーをけしかける事が可能です。紳士的なカードです。





f:id:newshellfishtyphoon:20171120220429j:plain

呪文枠。

カラフル・ダンス
墓地肥やし。マナがアンタップで置かれるのですかさずスノーフェアリーを並べ、ステージュラで墓地に落としたフェアリーを回収出来るので実質ドロソです。

運命の選択
リクルート。単色デッキなので火と光の効果は使えませんが、低コスト帯のクリーチャーが大半を占めるこのデッキで臨機応変にクリーチャーを持って来れるのは強いです。
進化も出せるのでサンマッドで除去したりダイヤモンドブリザードで後続確保したりも出来ます。

母なる紋章
踏み倒し。cipの使い回しが主ですがステージュラのおかげで気兼ね無くスノーフェアリーを生贄に出来ます。

トンギヌスの槍
カード除去枠にして唯一の無色枠。
ドラグハートやD2フィールドが強いDMEDHではそれらに対するカード除去も相対的に強力です。
単色デッキでも色に縛られず使える事、使用率の高いネバーラストやGイズモに引っ掛からないコストである事、場だけでなく盾やマナも撃ち抜ける汎用性の高さからDMEDHのあらゆるデッキに採用されています。




f:id:newshellfishtyphoon:20171120221518j:plain



クロスギア&城枠。

ハッスル・キャッスル
置きドロソ。延々と小型スノーフェアリーを呼び込むエンジンで、ヘイト値が上がりやすいので注意。


モビル・フォレスト
コスト軽減。上に同じくヘイト値が上がりやすいので注意。ハッスルキャッスルとこれが並ぶと、ループでも始まるのかという位マナがぐるぐる回り盤面をクリーチャーが埋め尽くします。


覇翼 フェアリー・アクセラ
ブースト枠。とりあえず場に置いておきましょう。余った枠で適当なクリーチャーに付けて殴っていくだけで面白い位マナが増えます。
DMEDHにおいていかに「置き物」が強いのかがよく分かる一枚です。



■採用候補

「これも入れてみるといいんじゃないかな」ってカードです。お好みや周りの環境に合わせてどうぞ。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120223213j:plain

暖雪妖精カオルン
ターン中にマナが離れていればブースト。ステージュラとの相性は抜群です。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120223413j:plain

ジョリー・ザ・ジョニー

「緑単にジョニー?」と思われるかも知れませんが、
・非進化SA
・出たターンなら2体除去
・緑単では難しい「破壊」効果を使える
という点で充分採用を検討出来ます。



f:id:newshellfishtyphoon:20171120223758j:plain

幻影 ドン・サボテ
自分の自然クリーチャーにワールドブライカー付与という「DMEDHで雑に強いカード」の代名詞です。ハラグロフェスやフェアリーアクセラーで増えまくったマナでこれを叩きつけましょう。

この枠に関しては「カンクロウ・ブラスター」や「チョモランマッチョ」等好みに合わせたチョイスが出来ます。



■さいごに

この前とあるCS会場でDMEDHした時に手持ちのステージュラ統率を握った所「ステージュラなのに殺意が無い!」とツッ込まれたのでレシピを大幅に調整してこちらの形になりました。
変に初動ブーストを考えるより小型スノーフェアリーをガンガン積んで前のめりに殴るのが一番いいみたいです。


DMEDHを始める側にも勧める側にもありがたい「組みやすさ」がこのデッキにはあります。

パワーカードでブン殴るデッキとは違った強さと、構築難易度の低さを両立したステージュラ統率で、DMEDHを始めてみませんか?


おしまい。

DMGP5thに行ってきました

Chenです。

2017年10月14日(土)、記念すべき第6回目のDMGPに参加してきました!
(開催直前に色々心配かけてすいませんでした…。)



とりあえず、写真と共に思い出を振り返っていきます。


f:id:newshellfishtyphoon:20171017183015j:plain

会場入口!横断幕にテンションが上がったよ。




f:id:newshellfishtyphoon:20171017183148j:plain

第1回戦前の席!参加賞配る前にパシャリ。

特に書く事も無いので予選の話を。



使用デッキ 5cジョリー

第1回戦
× SEさん(京都) モルネク
マナにジアース2枚あったので、とりあえず裏切り撃ったら永遠龍出て来て返しにマナロ。

第2回戦
× ジャックさん(福井)
覚えてない!

第3回戦
○ 「うっちー」さん(静岡) エスパーG.O.D
ハンデスとブーストがいい感じに決まり、単体ミラクに謎帥からのジョリーで勝ち。

第4回戦
× 王将さん(大阪) 赤黒マッドデッドウッド
ジョリーで除去後安易に殴ったらトリガーマデウ。返しDスイッチでヘヴィメタル、ヘヴィ召喚で負け。




f:id:newshellfishtyphoon:20171017184557j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20171017184629j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20171017183107j:plain



プロモコーナー!

「プロモは自分も所持してるし別にいいかな」なんて調子こいてたけど、こうやってショーケースに飾られてるのを見るのもいいね。
にしてもすごい量だった。

ちゃんとバケットバケットも2枚あったし、欠番の所もスペース空いてて良かった。

謎の着眼点。



f:id:newshellfishtyphoon:20171017185822j:plain

デュ絵馬近くでいちご煮さん、あろーさんと遭遇した時の写真。デュ絵馬一番乗りはこの2人でした。
自分も書こうと思ったけど、対戦卓にパンフレット忘れてしまった!



f:id:newshellfishtyphoon:20171018075240j:plain

フィーチャー席!開会前の様子。
#俺ハッシュタグ するの忘れてた。





f:id:newshellfishtyphoon:20171018075328j:plain

大会予選をドロップし、お昼を食べてからフリー卓を確保。4人座れるスペースを。もちろんDMEDHの為!

場所は取れたけど、人が集まらない。
募集ツイートをポチポチ。

すると各地のDMPが集まってきた。

山形のGさん、KODY君、ねむ君、ゆゆゆさん
大阪のゴミブクロン君、デルタ君、れっどろぬま君
福岡のちょこくっきー君
熊本のやぐちさん



f:id:newshellfishtyphoon:20171018080012j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20171018080034j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20171018080051j:plain

DMPが大勢デュエルスペースに集まったらやる事は一つ!

そう、DMEDH!

北は山形、南は熊本、みんな大体初対面。
まずは自己紹介。そして対戦!

スターマン統率、ベジタバッタパンツァー統率、アツト統率、リンシャンカイホ統率と個性溢れるDMEDHと戦えて良い刺激になった!

かなり楽しかった…!





f:id:newshellfishtyphoon:20171018080615j:plain

山形勢と別れた後で、Merryさん達と合流。卓を移動し再度DMEDH。
周りを見てみれば多くのプレイヤーがDMEDHをしていて、聞いた所によると1卓に18人もDMEDHプレイヤーがいたとか。




f:id:newshellfishtyphoon:20171018081252j:plain




お昼から何時間DMEDHしていたか分からないけど、気がつけば外は真っ暗。決勝戦も終わり会場は蛍の光ムード。

そんな中、天音さんから一人のDMPを紹介されます。

KAWAさんです。
以前からデュエマのファンアートを描かれており、最近デュエマの公式イラストレーターとして活躍されるようになったあのKAWAさんが目の前に!



f:id:newshellfishtyphoon:20171018211942j:plain


直接名刺を頂き感激!こちらからは自己紹介として日焼けカードファイルを見て頂きました(なんだそりゃ)KAWA先生も「日焼けすごい!」と、日焼けカードをパシャパシャ撮影してました。

周りにいたDMPもプレマやKAWA先生担当のカードにサインを貰ってました。
イベントでもない限り中々イラストレーターの方と交流出来る機会なんて無いので、めちゃくちゃ興奮しました!


で、

結局閉館間際まで会場に残り、 無名人、鼓笛、デルタ君、川澄さん、ゴミブクロン君と京阪乗って帰りました。



さいごに

感想!
「めっちゃ楽しかった!」以上!
色々言いたい事はあるけど、やっぱりTwitter上での交流だけでなく、オフ会みたいな感じでワイワイするのは楽しいね。DMGP6thは幕張でチーム戦らしいけど、行けたとしても物販とフリー目当てで行きたいです。
会場で多くのDMPと交流したけど、またの機会に対戦出来たらなって思います。

それではまた!




おまけ


f:id:newshellfishtyphoon:20171018212306j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20171018213355j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20171018213406j:plain





これはいかんね。

多々飲みぞ知る 第3回 -天満編


f:id:newshellfishtyphoon:20170930190802j:plain



久しぶりにいちご煮さんと飲みに行ってました。

場所は天満。
大阪環状線大阪駅から東へ1駅。
大阪の代表的な「飲み屋街」で、駅周辺には居酒屋が大小問わず軒を連ねています。



f:id:newshellfishtyphoon:20170930191048j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20170930191057j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20170930191110j:plain


めっちゃ良い雰囲気。
金曜日という事もあり、仕事帰りのサラリーマンやOL、海外からの観光客でごった返していました。

因みに去年のDMGP3rd in神戸の前日にやぐちさんと諏訪蟹さんと3人で天満で飲んでたり…。



1軒目 「天満食肉センター」


f:id:newshellfishtyphoon:20170930191454j:plain



f:id:newshellfishtyphoon:20170930191503j:plain

「焼きとん」が有名なお店。
焼きとんとアンチョビバターポテトをビールとハイボールでグビグビ流し込む。うまい。


2軒目 名前忘れた



f:id:newshellfishtyphoon:20170930192322j:plain


たこ焼き屋…だけど見た目もメニューもおしゃれで、
食べ物の倍くらいドリンクメニューがあって驚いた。
たこ焼きも素焼きやソースの他に、トマトソースをかけたイタリアンなタイプもあったので食べ比べ。これはこれでいける。




天満はとにかく店の数が多く、様々なジャンルの店で溢れ返ってるのでもっと通いたい…通います。

f:id:newshellfishtyphoon:20170930193509j:plain

こんな店もあったりします。今度行くならここかな。



いちご煮さんとウォーブレの話してて、「私もそろそろウォーブレダウンロードしようかな」と思い、ダウンロード。

(前にもダウンロードしたけど、何故かタイトル画面から進まずひたすらテンションノリノリなおっさんの歌だけがエンドレスで流れるアプリと化していた…)


今回は成功。初回ガチャでパックを1BOX分ベリベリ剥いてたらピカピカ光るカードを見ていちご煮さんが
「これ当たり!当たり!運良い!」とテンションノリノリになって盛り上がってた。
「このカードそんなに凄いのか…」と思いつつ、電子媒体でもパックを開封する時のワクワク感って実物にもそこまで劣らないねって思いました。


環境デッキ、組まねば。




おしまい。