深海の台風

FC2から移転しました。

【DMEDH】出し忘れ注意! イヌハッカ統率ゴッドデッキ考察

f:id:newshellfishtyphoon:20170712182802j:plain

f:id:newshellfishtyphoon:20170706193654j:plain

こんにちは。
今回は「《護神のインガ イヌハッカ》」を統率者に指定した光・闇のゴッドデッキについて紹介していきます。

■ゴッドデッキの統率者と言えば…

DMEDHにおけるゴッドデッキの統率者で、イヌハッカ以外に見かけるのが

マナブースト、マナ回収が容易になり《ゴッド・サーガ》《大地と永遠の神門》等の自然入りゴッドサポートカードが投入出来る
霊騎死爵サー・アルビデス(希望の守り手ファンク)統率』

・優秀なドローソースを投入出来る
鎧亜の剣邪ミストジアス(超鎧亜キングダム・ゲオルグ)統率』

DMC-57 「ザ・ゴッド・キングダム」と同じカラーリングで自然と水の要素を取り入れた『超絶神ゼン/究極神アク統率』

が一般的です。


サイドカラーを差す事によって動きは安定しますが、あえてイヌハッカ統率の光闇で組む理由としては3色統率や4色統率では禁止されている

f:id:newshellfishtyphoon:20170711080041j:plain
《「黒幕」》

f:id:newshellfishtyphoon:20170711080110j:plain
《超神類イズモ》のような強力な中央ゴッドリンククリーチャーを使用する事が出来るからです。

・何度倒れようとも、不屈の心でゴッドの元へ戻る。立て忘れるな、護神の爺!

イヌハッカ統率デッキの強さはやはり「固さ」にあります。場に自分のゴッドが1体以上いるだけでG0で登場、リンク前で除去に脆いゴッドを守り、除去されても次ターンにG0召還…という非常に粘り強い防御力で相手の除去やビートダウンを躊躇わせる事が出来ます。更に《邪魂転生》《邪魂創世》のようなスーサイド呪文のコストに充てたり、豪快な盤面リセット効果を持つ《破獄のマントラ ゾロ・ア・スター》の軽量進化元として利用する事もあります。

相手プレイヤーを攻撃出来ない為、統率ドローを狙えないのが短所ではありますが、序盤から終盤まで腐る事の無い効果でゴッドのサポートを行います。


イヌハッカ統率を使う時に気を付けたいのが「イヌハッカの出し忘れ」です。出したり戻したりが多いカードなので、ついつい出し忘れる事があります。もはや「DMEDHあるある」と化しています。そこだけは注意しましょう。

デッキレシピ

f:id:newshellfishtyphoon:20170710211901j:plain

私が所持しているイヌハッカデッキはこんな感じです。下段光っているカードは《逆襲の神類 イズモR》です。コロコロ付録のプロモカードです。

■ゴッドノヴァ&OMGの柔軟性で3体Gリンクに繋げろ!ヤバくなったらお手軽全体除去で。

私のデッキでは初動のマナブーストに重きを置いています。いくらDMEDHが長期戦主体とは言えさっさとブーストしないとリンクも出来ずに殴られ負ける事があるからです。
という事で初動は11枚。チャージャー+《グローリー・スノー》《天星の玉 ラ・クルスタ》でマナを伸ばしていきます。途中で軽量ゴッドを出してイヌハッカを立てておくのも〇。

《神滅右神ラウドパーク》《光器左神サマソニア》で後続を確保しつつリンクし、邪魔者は《魔天聖邪ビッグディアウト》で蹴散らします。《精霊聖邪ライジング・サン》でビートに睨みをきかせるのもいいですが、前のターンに除去されたイヌハッカを場に戻しておく事は忘れずに。

中央Gリンククリーチャーはどれも強力です。
・最軽量中央Gリンクの《イズモ》
・召喚で3ドロー、3体リンクでブレイク回避の《神人類 ヨミ》
・リンクしているゴッドの分だけコスト減少、召喚時盾3枚追加の《超神類 イズモ》
・召喚時効果と3体リンク効果を合わせる事によりゲームエンド級の大打撃を与えられる《「黒幕」》
・コスト5以下の呪文を封殺、3体リンクでリンクしているゴッドは場を離れなくなる《無法神類 G・イズモ》
・3体リンクすればリンクしているゴッドをQブレイカー持ちのアンタッチャブルにする《神の子 イズモ》
のどれも強力ですが、中央Gリンククリーチャーの強みとして「リンクの再構築」が挙げられます。
序盤にリンクさせたカードを切り離し別のゴッドにリンクさせる事によってパワーを上げたり攻防の分担が出来たり、更には《妖精左神パールジャム》《戦攻右神マッシブ・アタック》《堕天左神エレクトラグライド》《悪魔右神メタモルフォーゼ》のリンク時効果を再利用する事が可能です。
数で攻められそうになった場合はさっさと《バイオレンス・ヘブン》で蹴散らすといいでしょう。《未来の玉ダンテ》と組み合わせると毎ターン全体除去を放つ事が出来ます。
相手からの除去の手が緩むとそこから一気に展開出来るのがゴッドデッキの恐ろしさでもあり強さでもあります。
ブン回ってしまえば、
《霊騎右神ワイアード》《極大左神 マックス》でシールドは延々と増え、パワー10000越えのQブレイカー&アンタッチャブル完全除去耐性持ちゴッドが盤面を埋めてしまう事も多々あります。

弱点としては後続が途切れた時の脆さと、マナ回収のしにくさが挙げられます。更に無色ゴッドの投入率が高いと「封印」によってゲームエンドまで戦線に戻れなくなります。対戦テッキによっては無色ゴッドとのリンクに注意が必要です。

■さいごに

今回はイヌハッカ軸のゴッドデッキについて紹介しました。最近の通常環境ではあまり触れる事の無いゴッドデッキですが、DMEDH環境ではゴッドの名に恥じないパワーを見せつけてくれます。

感じてみませんか?神の力。