深海の台風

鎮まるまで留めて

【DMEDH】ゼニス枠、誰にする?

※初めてこのサイトを閲覧される方へ

「DMEDH」とは「非公認のデュエマ多人数戦ルール」の事を指します。
DMEDHについてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record




f:id:newshellfishtyphoon:20171127184309j:plain




こんにちは。

今回はDMEDHで使用する「ゼニス種族」のカードについて書こうと思います。


通常環境でもそのパワーで環境を席巻してきたゼニスですが、DMEDHにおいてもそのカードパワーは高く、基本ルールにて
「ゼニス種族を持つカードはデッキ1枚のみ投入する事が出来る」
と定められています。

何も考えずに1枚投入するだけでも強力ですが、各ゼニスにどんな特徴があるのか並べてみましょう。


■DMEDHで使えるゼニス一覧

(2017年11月27日現在の制限です)

無制限(統率者の文明に関わらず使用可能)
・「俺」の頂 ライオネル
・「智」の頂 レディオ・ローゼス
・「命」の頂 グレイテスト・グレート
・「祝」の頂 ウェディング
・「呪」の頂 サスペンス
・黄金龍 鬼丸「王牙」
・「破滅」の頂 ユートピアエヴァ
・「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
・「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス
・「勝利」の頂 バトル・ザ・クライマックス
・「無情」の極 シャングリラ
・「十尾」の頂 バック・トゥ・ザ・オレ
・「終」の頂 イギー・スペシャルズ
・「我」の極 エゴイスト
・「獅星」の頂 ザ・ライオネル
・「理想」の極 シャングリラ・エデン


3色以上制限(2色以下の統率者デッキにのみ投入可能)

・「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」




使用禁止
以下のカードはどのデッキにも投入する事が出来ません。

・「戦慄」の頂 ベートーベン
・「謎」の頂 Z-ファイル
・「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ
・超絶奇跡 鬼羅丸
・「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン



■特徴

「俺」の頂 ライオネル

f:id:newshellfishtyphoon:20171127223449j:plain

でかいねこ。
盾カードを全てトリガー化する大型ブロッカー。召喚cipで盾追加、任意で相手に盾を選ばせそれを手札に加えます。

ブレイクすれば何らかのカードがコスト踏み倒しで出てくるので、ビートに対する牽制をかける事が出来ます。
特にDMEDHでは山札内の大型クリーチャー、呪文の比率が高いのでテキスト以上のプレッシャーを発揮します。



「智」の頂 レディオ・ローゼス


f:id:newshellfishtyphoon:20171129075340j:plain

召喚cipで5枚ドローと5枚ハンデス
相手とハンド差をつけます。
DMEDHでは水が入らないデッキでも手札が10枚以上になる事もザラにありますが、それでも後続を呼びつつハンドの少ない対戦相手1人を機能停止にさせるこのカードの実力は侮れません。



「命」の頂 グレイテスト・グレート


f:id:newshellfishtyphoon:20171129080141j:plain

召喚cipで墓地とマナから合計7コストになるようクリーチャーを好きな数踏み倒し。
7コストぴったりにする必要がありますが、幅広い用途があります。
2+2+3のように小粒を並べたり、7コストのドラグナーサイクルを出したり、進化クリーチャーも出せる事を利用して《革命龍程式 プラズマ》を出して4ドローエビデゴラス龍解の2+2打点で奇襲をかけたり
《裏革命目 ギョギョラス》を出して除去と更なる踏み倒しをかけたり…
自身もパワー21000のQブレイカー持ちで雑な強さを発揮します。


「祝」の頂 ウェディング


f:id:newshellfishtyphoon:20171129185052j:plain

召喚cipで相手に合計4枚のセルフ盾送り効果と盾焼却3打点を持つゼニスです。

ハンドが増えやすいDMEDHではウェディングは弱そう…なんて思ってた時期がありましたが、実際コントロールの長丁場で使われると厄介この上ないです。
ターンを回すと焼き盾ジャぱんされるのが目に見えるのですが、下手に除去しようとすると
「また盾送りを食らう…」
「今度はこっちが狙われるんじゃないのか…」
というプレッシャーを複数の相手に与える事が出来ます。


「呪」の頂 サスペンス


f:id:newshellfishtyphoon:20171129191529j:plain

召喚cipで相手の手札と盾から合計2枚選んで呪文ならコスト踏み倒し、残りは墓地なので実質2ハンデスor盾焼却。
ブルーメルキスやハカイデストロイヤーのようにAT(ブレイク)時にも効果使えたらなって思います。
大型呪文捲って逆転もいいですが、cipで盾2枚焼くのが一番丸いのかも知れません。


黄金龍 鬼丸「王牙」


f:id:newshellfishtyphoon:20171129193329j:plain

召喚cipで相手の無色以外のクリーチャーに12500全体火力を放つSA3打点のゼニス。ハンターとエイリアンにエターナルΩを付与します。
ハンターorエイリアンデッキでなくとも「全体除去の手段が乏しく、横に並べられるだけで動きが止まってしまう」ようなビートダウン寄りのデッキでも採用を検討出来ます。
除去で言えば後述のVANベートーベンがいますが、「破壊による除去である点」「SA持ちで即座に攻撃に参加出来る点」で差別化出来ます。



「破滅」の頂 ユートピアエヴァ


f:id:newshellfishtyphoon:20171130084156j:plain

でかクルト。バトル肩代わり効果持ちのアンタッチャブルブロッカーです。
召喚時に相手1人にファントムベールをかけます。
守りだけではなく、並べたウィニーをタップしている相手クリーチャーに特攻させ、バトルを肩代わりさせるのも効果的ですね。メタリカデッキに入れてみても面白いかも知れません。


「修羅」の頂 VAN・ベートーベン


f:id:newshellfishtyphoon:20171130123227j:plain

召喚cipで相手1人に全バウンスをかけ、相手全体にドラゴン・コマンド封じを仕掛けるゼニス。
DMEDH環境でもそのパワーは健在で、ヘイト値が特に上がりやすいカードです。全バウンスもエターナルΩも強烈なので、相手に「VANを消せないならプレイヤーごと消すしかない」という選択肢を与えてしまいますので注意。

「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス


f:id:newshellfishtyphoon:20171130123923j:plain

ワールドブレイカー持ちのゼニス。
貴重なゼニス枠に埋める事をためらってしまう程の淡白なスペックではありますが、ワールドブレイカーは魅力的であり相手としては除去しなければ次のターンに盾を全て吹き飛ばされるので、必然的に除去を強いられます。
ただSAも召喚時効果も無いので、使う際は何らかのサポートはしてあげたい所ではあります。

「勝利」の頂 バトル・ザ・クライマックス


f:id:newshellfishtyphoon:20171130124820j:plain

無限掌持ちのゼニス。召喚cipでSAとバトル必勝効果が付与されます。
殴り返しには持ってこいのクリーチャーで、単純な火力や除去では王牙やVANが優先されますが、攻撃による除去なので2人以上のプレイヤーの盤面を荒らす事が可能です。
更に《勝負だ!チャージャー》《一極両得 ドンドン&パンパン》等でアンタップキラーも付与すると手を付けられない強さになります。

「無情」の極 シャングリラ


f:id:newshellfishtyphoon:20171130182229j:plain

ガーディアンとゼニスの親分。
場・墓地・マナから進化元を引っ張ってくる無限進化ゼニスです。
ATで相手クリーチャーを山札送りにしつつタップ状態になる事で相手の攻撃を制限します。勿論エターナルΩも持っているので再展開も容易。墓地やマナに落ちたハヤブサマルを進化元にするのも〇。
ガーディアンデッキには勿論、進化元種族に縛られないイノセント系のデッキに差すのもありです。



余談ですが、私はシャングリラよりも

f:id:newshellfishtyphoon:20171130185033j:plain

こちらのカードのお世話になる事が多いです。

9マナと重いですが、
・無色なのでどんなDMEDHデッキにも採用出来る
・コストや進化非進化種族等の制限無くリアニメイト出来る

という点が魅力的です。

ゼニスは入れていなくても
《トンギヌスの槍》《墓地の守護者メガギョロン》とこのカードはデッキに入れてたりします。

「十尾」の頂 バック・トゥ・ザ・オレ

f:id:newshellfishtyphoon:20171130191359j:plain

きつね。
召喚cipで山札から6コスト以下の呪文を2枚サーチし、相手に選ばせ1枚を踏み倒し1枚を墓地に置きます。ATで墓地の6コスト以下の呪文を踏み倒します。

入れるとなるとロマノフ系統、《暗黒皇グレイテスト・シーザー》《暗黒邪眼皇ロマノフ・シーザー》統率のデッキでしょう。
サーチする手段が少ない赤黒で、単純に召喚して山札から2枚サーチするだけでも強力です。

「終」の極 イギー・スペシャルズ


f:id:newshellfishtyphoon:20171130194959j:plain

進化ゼニス。無色クリーチャーを進化元にした無限進化クリーチャーであり、ATで進化元クリーチャーの数だけ除去とハンデスを与えます。
ゴッドノヴァやジョーカーズ等無色クリーチャーが多く積まれるデッキでは絶大な威力を発揮します。メテオバーンではないので何度も同じ威力で除去とハンデスを撃てるのは強み。


「我」の極 エゴイスト

f:id:newshellfishtyphoon:20171130214915j:plain

進化ゼニス。進化元は自分のおてて。
ブラックボックス特有のお遊びカード。
20000台のファッティを一方的に殴れるパワーは魅力的ですが、それなら前術のバトル・ザ・クライマックスを使う方がよいでしょう。
2回攻撃も素敵ですが一般的なDMPだと盾を割るのに苦労します。

何にせよネタの領域から出てくる事はここしばらくは無いでしょう。


「獅星」の頂 ザ・ライオネル

f:id:newshellfishtyphoon:20171130215638j:plain

でかいねこ。
光文明になった代わりにエターナルΩを失ったライオネル。召喚cipで3ドロー&手札から盾3枚追加。相手の複数枚ブレイカーに対してシールドにトリガーを付与します。
初代ライオネルのように常在でトリガーを使う事は出来ませんが、《ヘブンズ・ゲート》《超次元マザー・ホール》から踏み倒す事が出来るようになったのは大きな利点です。


「理想」の極 シャングリラ・エデン


f:id:newshellfishtyphoon:20171130220358j:plain

帰ってきたシャングリラ。
相変わらずガーディアンの大将ですが、進化元に場・墓地・マナから1体ずつ選ぶ必要があります。

進化元はどんなクリーチャーでも大丈夫という点、
攻撃時に破壊以外の除去が放てる点、
従来のタップ時効果にブロック不可も加わり打撃が通りやすい点
更に↑のブロック不可効果のおかげでブロッカーで固められた盤面を無視して後続のクリーチャーも殴りに行けるようになる点
エターナルΩ持ちなので黒の入らないデッキでも擬似サルベージが行える点

から、元のシャングリラ以上に幅広く使われるようになりました。
ヘイトが集中しやすいですが、ゲームを一気に進めていく事が出来ます。



「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」


f:id:newshellfishtyphoon:20171130221624j:plain

ザ・ガチンコジャッジ。
召喚cipで相手の盾の枚数分ガチンコジャッジを行い、勝った回数分手札・マナ・墓地からハンターを踏み倒します。


先日の制限改定で
使用禁止」から「3色以上統率者での使用禁止」に緩和されたゼニス。
つまりは2色までの統率者であればデッキに入れる事が可能という事です。
組むとするならやはり赤緑のステロイドカラーでしょうか。
火力とブーストを兼ね備え、環境で暴れ散らかしたハンター達を多数投入する事が可能なカラーなので組みやすいでしょう。
DMEDHでは初期盾枚数が7枚なので、GJからの踏み倒しは盾除去が無くても十分行える可能性が高いです。




さいごに

「DMEDHで使えるゼニスって誰がいたっけ?」
と、ふと気になったのでまとめてみました。
俺ライオネル、VAN、シャングリラエデン辺りが大体のデッキに入れやすい、無難なゼニスだと私は思います。選定に困ったらこの3体から選んでみてはいかがでしょうか。



おしまい。