深海の台風

FC2から移転しました。

【DMEDH】2018年1月18日の制限改訂で気になるカード達

※初めてこのサイトを閲覧される方へ

「DMEDH」とは「非公認のデュエマ多人数戦ルール」の事を指します。
DMEDHについてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record



f:id:newshellfishtyphoon:20180119080759j:plain



こんにちは。

前回、ルール改訂によってループが云々…という記事を書きましたが、ループの事実上の消滅により 、それまでループパーツとして危惧され使用禁止になっていたカード達がゾロゾロと戻ってきました。

 

・使用禁止→無制限

《屍術師インフェルノ・カイザー》

《常勝ディス・オプティマス》

《ガロウズ・極楽・カイザー》

《超電磁トワイライトΣ》

《真実の名 アカデミー・マスター》

《錬金魔砲 ロビン・チャンプ》

甲型龍程式 キリコ3》

《術英雄 チュレンテンホウ》

《龍素記号Cg ダイシャリン》

《超龍素要塞 エビデュタイン/ν・龍素王 Q-END》

《邪眼皇アレクサンドルIII世》

《阿修羅サソリムカデ》

《ガチンコ・ルーレット》

《大喰の超人》



・2色以上統率者デッキで使用禁止→無制限

《真実の名 バウライオン》

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》

《百発人形マグナム》

《若頭 鬼流院 刃》



・3色以上統率者デッキで使用禁止→無制限

《神聖牙 UKパンク》



・使用禁止→2色以上統率者デッキで使用禁止

神羅 ヘルゲート・ムーン》



・無制限→使用禁止

《D2J ジェルヴィス》



・コンビ禁止→無制限

《激沸騰! オンセン・ガロウズ》&
《サイバー・I・チョイス》

《フォース・アゲイン》&
《エンペラー・キリコ》

《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル/魔壊王 デスシラズ》&
《デュエにゃん皇帝》



「ループ出来ないなら大人しいかな…」ってカードから、
「これ無制限にして大丈夫なの!?」ってカードまで一気に使えるようになった為、DMEDH環境が大きく変わる予感がします。

という事で、今回の制限改訂の中で、気になったカードについて書いていきたいと思います。
少し長めの記事になります。


■屍術師 インフェルノ・カイザー

f:id:newshellfishtyphoon:20180119082428j:plain

SC効果で非進化5コスト以下を鉄砲玉にします。
カラフル・ダンス》との組み合わせはもちろん、調整版の《カラフル・ナスオ》が見事にリアニメイト範囲なので、墓地に落としておくだけでも芋づる式に後続を引っ張ってくる事が出来ます。

色も良く、そのまま統率者にしたい位です。


■常勝ディス・オプティマ

f:id:newshellfishtyphoon:20180119084049j:plain

通常環境でお馴染みの「おもちゃ」。
通常環境では妖精とグルになって槍を投げまくったので、足湯行きになりました。
墓地盾いじり槍投げロボは許されないのに、
周りを染め上げるオタサーの妖精は許されているのがポイントです。可愛いは正義。

DMEDHでは単純に呪文回収やトリガー埋め等堅実な活躍が出来そうです。


■超電磁 トワイライト・∑

f:id:newshellfishtyphoon:20180119120100j:plain

効果も見た目も「ロマン」の塊って感じのカード。
デュエマ復帰したての頃、このカードを初めて見た時の衝撃が忘れられません。

サイバー種族であるNワールドやAアイアンズ、パクリオやアルゴル等のcipを使い回していくのが主な役割になりそうです。サイバーウイルス海にももちろん対応しており、TビウオやHコフーグ辺りを進化元にしたり使い回したりするのも面白そうです。


甲型龍程式 キリコ3

f:id:newshellfishtyphoon:20180119194313j:plain

呪文版のエンペラー・キリコ。

今回の制限改訂の目玉だと思います。
「インビンシブル」呪文や、「ティラノリンク・ノヴァ」「アルティメット無法伝説」等の大型呪文を捲りたい所ですが、超次元呪文や、母なる紋章や獰猛なる大地、蒼龍の大地等で後続を持ってくるだけでもかなりの脅威になるでしょう。
何より腐りにくいのが強みです。

このカードを主体としたデッキとなると、デッキカラーやレシピにプレイヤーの個性が強く出そうで大変興味深いです。


■術英雄 チュレンテンホウ

f:id:newshellfishtyphoon:20180119195616j:plain

攻撃に対してSトリガーで反撃出来るシステムクリーチャー。
ルール改訂によりマナ武装効果は使えないものの、反撃効果で相手にプレッシャーを与える事が出来ます。

同じような効果を持つダイスベガスやプラズマとは
「クリーチャーである点」
「Sトリガー呪文であればコスト・文明範囲は無制限である点」
「シールドの枚数に関わらず効果を使える点」
で差別化していきたいところです。


■龍素記号Cg ダイシャリン

f:id:newshellfishtyphoon:20180121001259j:plain

「ダイシャリンループ」なんてデッキがありましたね。
どんな呪文もチャージャー化してしまうドラゴンのおもちゃ。青いし回るしおもちゃだし、これはもう実質ドラグーンでしょう。

水文明は墓地よりマナの回収の方が得意なので、何も考えずに青単、青黒に入れてみてもいいと思います。


■超龍素要塞 エビデュタイン/ν・龍素王 Q-END

f:id:newshellfishtyphoon:20180119235531j:plain

f:id:newshellfishtyphoon:20180119235546j:plain

貴重な水のドラグハート。

帰ってきて嬉しかったカードです。
制限前は「アクア防衛隊バリアーマー統率青単」に入れていたのですが、コントロールの場面でフォートレス面のコスト軽減が活きる事が多く、いざとなれば裏返して次ターンにQED+ガンリキ完全不明チェンジザワールドと共にケリをつけにいく事が出来ました。
龍解が強制なのが残念ですが、フォートレス面は除去されにくく、コスト軽減に文明制限が無いのが魅力的です。


■阿修羅サソリムカデ

f:id:newshellfishtyphoon:20180120000628j:plain

おもちゃムカデ2号。
早速通常環境でもムカデ回しが流行ってるらしいですね。DMEDHでは発売後即制限を食らいましたが、ルール改訂でまた戻ってきました。

マフィギャングを始めとしたジョーカーズ編新種族サイクルはDMEDHでも大人気。

阿修羅サソリムカデ1枚で、マフィギャング軸の黒単統率は更に化けそうです。
阿修羅ムカデは勿論のこと、お手軽除去のキラードンの効果を最大に発揮出来るのが素敵です。
11000というDMEDH環境ではそこそこのパワーかつ、スレイヤー持ちブロッカーで格上に相打ちを取れるという点も見逃せません。


■ガチンコ・ルーレット

f:id:newshellfishtyphoon:20180121000238j:plain

お馴染み殿堂カード。マナがモリモリ増えるのでDMEDHでは長らく禁止カードでした。

何も考えずとも3コスブースト枠に入ります。DMEDHではGJの対象を選べるので、比較的コストが低いデッキを狙って勝負したいところです。セブンスタワーも制限改訂で帰って来て欲しい…無理か。


■真実の名 バウライオン

f:id:newshellfishtyphoon:20180121001510j:plain

ねこ。
DS期前半の天門デッキに入れていたのを思い出します。

白単の重要なブロッカーでしたが、無制限になり様々なデッキに投入可能となりました。ヘブンズ・ゲートや超次元マザー・ホールによる踏み倒しは勿論、母なる紋章や転生スイッチ等で踏み倒しつつすぐに回収し、次ターンの展開に備える事が出来ます。
使ってみると「2枚回収」という点がかなり優秀なカードです。


■龍素記号Sr スペルサイクリカ

f:id:newshellfishtyphoon:20180121002209j:plain

完全不明と共に青単の遅延要員を務めてきたサイクリカもついに無制限に。
ルール改訂で2度撃ちは出来なくなりましたが、文句無しの汎用性の高さを誇ります。


■百発人形マグナム

f:id:newshellfishtyphoon:20180121191259j:plain

元祖踏み倒しメタ。
2色以上統率者禁止制限であったDMEDHでも、モールス統率でメタ効果を逆手に取りアドバンテージを稼いできました。

通常環境以上に踏み倒しカードが満載のDMEDH環境では、エンターテイナーや悠久以上のプレッシャーを相手に与える事が出来ます。Sトリガー呪文やアマテラス&クイーン・アマテラスの使用率が高い分、他の踏み倒しメタよりも仕事する場面が多いです。
ただ、パーフェクトギャラクシー(マドンナ)等の破壊耐性のあるカードの使用率も高いので一概には比較出来ない場面も。


■若頭 鬼流院 刃

f:id:newshellfishtyphoon:20180121192225j:plain

ハンター踏み倒し要員。

先日使用禁止→3色以上統率者デッキ使用禁止に緩和されたカイザー刃鬼の存在が痛いです。

「踏み倒しクリーチャーの数&進化非進化は不問」
「ゼニス枠を圧迫しない」
等の点で差別化出来ますが、

「DMEDHルールによりマナ染色による他文明ハンターの踏み倒し不可」
「踏み倒しクリーチャーはタップイン」
等、苦しい点がいくつか。

■神聖牙 UKパンク

f:id:newshellfishtyphoon:20180121221012j:plain

ぶたさん。
召喚もしくはドロン・ゴーで出すと豪快なリアニメイトを放ちます。

DMEDH種族デッキで人気を持つオラクル・アウトレイジどちらにも対応しているのが素敵です。狭く見えるリアニメイト範囲ですが、優秀なクリーチャーが豊富です。
召喚効果で出すのもそこまで苦では無いですが、スーサイドカードでブリティッシュROCKからドロンゴーで奇襲を仕掛けたり。




■さいごに


今回のルール改訂、制限改訂共にDMEDHの雰囲気がガラッと変わりそうです。

今回は無制限になった単体カードについて書きました。コンビ制限では激沸騰ガロウズとIチョイスが返ってきましたが、ルール上ガロウズがただの赤青コマンドになってしまったのがちょっと悲しい…。

これからも、制限改訂や新弾発売の度に、DMEDHで活躍出来そうなカードについて書いていこうと思います。