深海の台風

FC2から移転しました。

【DMEDH】2018年1月14日のルール変更について&ループデッキの思い出話

※初めてこのサイトを閲覧される方へ

 

「DMEDH」とは「非公認のデュエマ多人数戦ルール」の事を指します。
DMEDHについてのルール説明・制限カード等に関しましては、こちらのサイトをご覧下さい。

DMEDHのルール,規制カードリスト | DM:Akashic Record

 

f:id:newshellfishtyphoon:20180118231223j:image

 

こんにちは。

 

【DMEDH】ルール&規制リスト更新:2018/1/14 | DM:Akashic Record

 

DMEDH、久しぶりに大きなルール改訂が来ましたね。

 

デッキに4枚以上入ることができる能力を持つカードを除き、プレイヤーは自身が同じターン中にバトルゾーンに出したクリーチャーと同じ名前のクリーチャーをバトルゾーンに出すことはできません。
プレイヤーは自身が同じターン中に唱えた呪文と同じ名前の呪文を唱えることはできません。

 

クリーチャーを1枚「統率者」に選びます。ただしデッキに4枚以上入れることができる能力を持つカードは選ぶことはできません。

 

 1つ目のルール改訂は実質「ループ行為の禁止」とも言える内容で、DMEDHに一定数存在していたループデッキはほぼ消滅する形となりました。

 

2つ目のルール改訂はチョロチューや遊撃師団等の「デッキに5枚以上投入する事が可能なクリーチャー」に関する裁定で、

「これらを統率者にした時、山札等の非公開領域に統率者を飛ばしてしまうとどれが統率者か分からなくなってしまう」

という問題を解決する為の改訂のようです。

 

新弾で使い勝手の良いカードが出た事による対応みたいです。

 

 

1つ目の「2度撃ち禁止」ルールですが、

正直「2度撃ちまでは許して欲しかった…」と思いました。ループの絡まないデッキでも同一カードの2度撃ちは頻繁に行うので、そこが気になりました。

折角制限改訂でロビンチャンプやアカデミーマスター、チュレンテンホウ等の呪文2度撃ちクリーチャーが制限解除で返ってくるなら、それを活かしたデッキも組みたいと思ったので。

ただ、その辺りに関しては地元環境のローカルルールで折り合いを付けられたらなと考えています。

 

 

今回のルール改訂について、DMEDHでループデッキ使うのは云々~という話題を見かけます。

通常環境でもループデッキを良しとしない方を多々見かけますし、DMEDHの方針としても相手の妨害がほぼ介入出来ないループデッキに対しては今までに何度もパーツの制限をかけてきたのは確かです。今回のルール改訂に関しても「ループパーツに制限をかけ続ける事に限界が来た」という事でルール自体の改訂に至った訳ですが、

私自身は、DMEDHのループデッキに対してマイナスのイメージを抱いていません。

 

多くのパーツを駆使し、滞り無く丁寧に解説しながら周り3人を山札切れに追い込んで勝利するループデッキも、それはそれでDMEDHでのプレイの1つであり、楽しみだと思っているからです。

相手として対戦する分にも、パーツが多い分多彩なコンボや自分のデッキにも生かせるノウハウを知るきっかけになるのも、ループデッキならではの魅力だと思います。

 

「社交的な関係」を目指して作られた、本家MTGのEDH。

それを基に作られたDMEDH。

 

「関係を損ねるループデッキが存在しない環境を築く事」

「ループデッキであっても、別け隔て無く受け入れ戦う環境を築く事」

どちらも、社交的な関係を築く為に目指す選択肢であり、どちらかを選択もしくは妥協するラインを見つける時が来ます。今がまさにそんな時です。

 そして、どちらかが正解だ、間違いだなんて決める必要は無いと思います。ループデッキが消滅した事によって、DMEDHが今まで以上に盛り上がるかも知れませんし、DMEDHの世界を縮こまらせてしまうかも知れません。

けど、どんな事でも「こうする事が正しい」なんて根拠も保証もありません。

 

 DMEDHのルールは紳士協定の上に成り立つもの。

けど、紳士の思いも生き方も1つだけじゃない。

それぞれが、信じる紳士になればいい。

お互いの価値を、認めあえる紳士になればいい。

 

私はそう思います。

 

 

 

 

何にせよ、DMEDHでのループデッキが事実上消滅しちゃったので、追悼企画としてループデッキの思い出を綴ります。

 

 

■DMEDHループデッキの思い出

 (ケース1)

昨年冬の洛中CSでの会場で初めてDMEDHのループデッキ対戦した時、対戦前に使用者の秋静夜さんから

「DMEDHのループデッキについてどう思っていますか?」

 

という質問を受けました。ループに対して苦手意識がある人がいる事を踏まえての質問でしたが、私はその質問に対し

「DMEDHでループされた事が無いんで特には何とも…」

と答えたばかりに、丁寧な解説と共にグスタフとマイトアンティリティのキズナ効果を使い回され3人まとめて倒されました。

 

(ケース2)

昨年末の京都DMEDHオフ会においても、対戦前に使用者のおりーさんからループについて秋静夜さんと同様の質問を受けました。おりーさんに関しては

「今日のオフ会ではループしないって心に決めてるんで!」

と、対戦前に宣言されていましたが、シュパック効果でサンマッドとオチャッピィを回し出した時は「これループじゃん!」と周りからツッコミが入っていました。本人曰く「大作家ヴィクトル・ユニゴーンは最強」だそうです。

 

 

 ■さいごに

今回のルール改訂に伴う制限改訂で、面白いカードが沢山無制限になってので、それについても後日記事にしたいと思っています。個人的にはキリコ3サイクリカバウライオンの無制限がアツかったです。